2021.05.08

仲良し夫婦認定!【結婚後もラブラブカップル】でいる秘訣って?

 
付き合っていたころはあんなにラブラブだったのに、結婚したら冷めてしまった…。
できればそんな風にはなりたくないですよね。
今回は結婚後もラブラブカップルでいられる秘訣を4つご紹介します。
 
結婚して家族になると、やってもらって当たり前という感覚になることが増えてきます。
しかし、当たり前のことに感謝できなくなってしまうと、お互い不満なことが出てきてしまい、喧嘩の原因になることも。
ラブラブな夫婦は見返りなんて求めていません。
「ありがとう」と感謝の言葉があるだけで、お互いを尊重し合うことができて満足するのです。
 
結婚してから誕生日や記念日をちゃんと祝わなくなったなんていう夫婦もいますよね。
他にも子どもの誕生日は祝うけれど、大人の分は祝わないという家族も。
一方、ラブラブカップルな夫婦は結婚しても誕生日や結婚記念日といった大きな節目のお祝いを忘れません。
仕事などの関係上、当日に祝うことが難しくても記念日をおろそかにしないことがラブラブでいられる秘訣なのです。
 
お互い話さなくてもわかることが増えてきますが、会話をおろそかにするとすれ違いが起こったり、不満がたまってある日突然爆発してしまったりすることがあります。
ラブラブ夫婦は、些細なことでも気になることは報告しあうようにしています。
帰宅が遅く夜に話せないのであれば、翌日の朝食のときに話すなど、「何日も会話をしていない……」なんてことが起こらないように気をつけているのです。
 
結婚したからといって、安心しきって相手に頼ってばかりいたり、理由もなく外見があまりにも変わったりすると、ラブラブではいられません。
ラブラブなカップルは結婚後も体型の維持をしたり、外見だけではなく料理の腕前を磨いたりと、相手のために何かしてあげたい一心で自分磨きを怠らないのです。
 
結婚後もラブラブなカップルでいたいと思ったら、まずは感謝の気持ちを忘れず、気になることをため込まずに伝えるところからはじめてみては?
(ハウコレ編集部)
 

関連記事