2021.05.09

何しても無駄無駄無駄!男性の【本命になれない女性】がやらかしがちなこと

 
本命女性になりたいと男性にしている行為が実は逆効果の場合があるのです。
今回は本命になれない女性がやらかしがちなことをまとめてみました。
今後彼とどのような付き合いをしたらいいのか悩んでいる人はチェックしてみてください。
 
大好きな男性から「会いたい」と連絡がくると、予定があってもキャンセルしたり深夜でもすぐに駆け付けたりする女性っていますよね。
たとえ今まで既読無視されていたとしても、彼が会いたいと言っているのだからと会いに行くことが優しい彼女であり、本命の女性だと思っているのかもしれませんが、それは「都合のいい女」にしかなれません。
男性は本命の女性であれば無理をさせたり、嫌われるようなことをしたりしないのです。
 
今は違ってもいつか本命の女性になれるはずと、彼の面倒を見て尽くしすぎる女性は、男性からは母や家政婦さんのような便利な女性と認識されてしまい、本命に昇格することはありません。
自分がやりたいことまで我慢して尽くしすぎても振り向いてくれないのでやめましょう。
 
本命になれないのであれば、「自分も他の男性とデートしてもいいよね?」と恋の駆け引きをする女性もいますが、男性は嫉妬するどころか「軽い女性なんだな……」と感じてしまうので、本命女性から除外されてしまいます。
嫉妬させたいからといって、社交的アピールをして駆け引きをするのはNGです。
 
ガードがゆるい女性は本命女性になれません。
「断ったら嫌われるのでは」と考えすぐに身体を許してしまう女性がいますが、男性から見ると「普段から遊んでいる子だ、都合のいいときに自分も遊んでもらおう」という気持ちになってしまうのです。
 
自分が彼にとって一番大切な女性でないと気づいたら、本命彼女になれるように努力したい気持ちはわかります。
しかし、尽くしすぎたり、すぐに身体を許したりするのは間違いです。
本命になれない理由をよく考え、都合のいい女としてのポジションが変わらないのであれば、潔く別れを選択することも必要です。
(ハウコレ編集部)

関連記事