2021.05.10

【愛され女性は知ってる!】「嬉しい寂しさアピ」と「ウザい寂しさアピ」の違い

男性は、女性からの「寂しさアピ」にキュンとする生き物です。
しかし、中には男性が負担に感じてしまう「寂しさアピ」もあるので気をつけましょう。
今回は「嬉しい寂しさアピ」と「ウザい寂しさアピ」の違いを4つご紹介します。
デートの別れ際に「帰りたくないな」と言われると、キュンとする男性は多いです。
「まだ一緒にいたい」という気持ちが伝わって、男性も帰したくなくなります。

しかし、男性に次の予定があるにも関わらず、ダダをこねるのはやめましょう。
男性の様子をうかがいながら、迷惑にならない程度に甘えてくださいね。
とくに用事がなくても、好きな男性の声を聞きたくなることがありますよね。
そんなときは「声が聞きたいな」と電話してみましょう。
寝る前などに、可愛らしくお願いしてみるとよいですね。

けれど、男性が忙しいときに無理強いしてはいけません。
都合が合わないときには、しっかりと引くことが大切です。
男性のことが恋しくなったら、ストレートに「会いたい」と伝えましょう。
遠回しな言い方をされるより男性は喜んでくれますよ。

男性に構って欲しいあまり「辛い」「悲しい」などの言葉で遠回しに伝える女性もいます。
ネガティブな言葉は、男性にとって重荷になりやすいので気をつけましょう。
男性と直接会っているときは、ぜひ服の袖を引っ張ってみましょう。
構って欲しい気持ちが男性にはしっかり伝わりますよ。
男性は、控えめでさりげない女性のアピールに、キュンと胸が高鳴ります。

今回は「嬉しい寂しさアピ」と「ウザい寂しさアピ」の違いを4つご紹介しました。
アピールするときには、男性の状況を思いやることが大切です。
ぜひ参考にして、男性から愛される女性を目指しましょう!

(ハウコレ編集部)

関連記事