2021.05.10

最初が肝心♡【初対面で好印象】を残す為にできる4つのことって?

初対面でつく印象は、その後の印象にも大きく関わってくるほど大切なものです。そんな重要で意味のある第一印象を好印象にするためにはどうしたらいいのでしょうか。

初対面でも好印象を残すためにできる4つのことがあります。普段の生活でも取り入れたいことばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。
笑顔は人間の最大の武器です。好印象を与えるために笑顔は欠かせないものです。とにかく笑顔を心がけているだけで、「いい人そう」という印象はつくでしょう。むすっとした顔や威圧的な態度はいけません。

また、笑顔でいても極端にしゃべらなかったり、相槌をしないなどの無愛想はいけません。笑顔でいながらも愛想良くすることが大切です。
相手が話すどんな話題にも、全力で乗っかりましょう。たとえ知らない話題でも適度に質問をしながら、会話に入る努力をすることが大切です。そこで共通の話題が出るかもしれません。どんな話題でも積極的に話を聞くことで、二人の共通点を見つけ出すきっかけにもなります。

相手が特に何も話してこなくて空気が気まずくなってしまうこともありますが、「なにか話さなくちゃ...」と焦ってしまうのではなく、身近な話題から会話を広げていきましょう。

また自分のことを積極的に話すことで、相手の警戒心が緩くなります。相手のことを知りたいのなら、まずは自分のことから話しましょう。
話題に乗っかったり質問をする為には、聞き上手でなければなりません。話をただ聞いているのではなく、会話を引き出すような相槌やリアクションを取ることが必要です。

話を聞こうとする姿勢が良いと、話す方も気分がよくなります。好印象を残すには相手の気分をよくしてあげるということも必要です。
相手に簡単なお願い事をすると、相手の印象に残りやすくインパクトを与えることができます。簡単なお願いとは、例えば「これ取ってもらえますか?」や「少し手伝ってもらえますか?」といったことです。

会話のきっかけになったり印象を残すためには、お願いをしてそれを承諾してもらうことが一番効果的です。その際に、笑顔や愛想をよくすることを気を付けるとよりいいですね。
初めについたイメージは、簡単に変えることができません。ということは初対面での印象が自分に印象になってしまうのです。マイナスなイメージがついてしまうと、そのイメージを変えることはとても難しくなってしまいます。

なので初めが肝心です!第一印象をよくして、好印象を残すことでこれからの素敵な出会いに繋がるかもしれませんよ。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事