2021.05.13

面食い女子は要注意!イケメンなのに【残念な男性】の特徴4つ!

女性によって、好きな男性のタイプはさまざまですよね。ルックスを重視して恋人を選ぶのは決して悪いことではありませんが、顔だけに惹かれて相手の内面をよく知らないまま付き合うと、「思っていたのと違う」とショックを受けたり、苦労したりすることも...。

そこで今回は、注意すべき残念なイケメンの特徴を4つご紹介していきます。
どんなにタフに見える人であっても、内心では悲しみや孤独感を覚えているもの。しかし、普通の人ならば負の感情と折り合いをつけ、社会生活の中で自分の感情を上手にコントロールする術を学んでいくものです。

他方で、精神的に幼稚な男性はストレス耐性が低く、ささいなことでもすぐに感情的になってしまいがち。たとえイケメンでも、メンタルが弱い男性と付き合うと、その負の感情に引きずられてあなたまでネガティブな気持ちになってしまいます。

また、このような男性は依頼心が強く、自立心に欠けています。自分がすべきことを彼女に丸投げしたり責任転嫁をしたりするので、付き合うと苦労しやすいでしょう。
顔が良ければ、安いシンプルなTシャツとジーパンだけでもサマになりますよね。安物を着てもカッコよく見えるのは、イケメンならではのメリット。

しかし、あまりにもだらしない性格をしていて身なりに無頓着ならば、イケメンであってもNGだと言えるでしょう。

残念なイケメンは衛生観念がなく、「めんどくさい」という理由で何日もお風呂に入らなかったり、シワや糸くず、フケなどがついたスーツを平気で着まわします。

不潔で怠惰な性格をしているため、同棲すると掃除や入浴の回数などをめぐって喧嘩を起こしやすくなるでしょう。
成長期に徐々にイケメンへと変身した後天的なイケメンと比べると、小さい頃から整った容姿をしていたイケメンは、周囲からちやほやされてきた経験が多いもの。

もちろんそのようなイケメンの中にも謙虚で性格の良い男性はたくさんいますが、「自分はイケメンだから何をやっても許される」と歪んだ特権意識を持ってしまう残念なイケメンもいます。

このような男性は総じて傲慢で、他人に対する思いやりの心がありません。自己愛が強すぎるため、彼女や周囲の人々にモラハラをしてしまいがち。
いつの世もイケメンはモテるものです。黙っていても女性から言い寄られるほどのイケメンならば、まさに女性を選びたい放題。

モテることに調子に乗って、本命の彼女がいるのに平気で二股や三叉をかけるならば、まさに残念なイケメンだと言えるでしょう。

このようなイケメンは口が上手く、女性の扱いにも慣れているため、その甘い罠にはまってしまわないように注意が必要です。
自分好みのイケメンと付き合うと、毎日が幸せでウキウキしますよね。ですが、相手の内面をよく知らないまま、イケメンだからという理由で安易に交際をスタートさせるのは考えものです。

悪いイケメンだった場合、その男性と付き合ったばかりに身も心もボロボロになってしまう危険性も...。本当に素敵な恋をゲットできるよう、パートナー選びの際にはルックスだけではなく内面もしっかりとチェックするようにしてみてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事