2021.05.14

ネットは危ない!?ネットで知り合った男性と会うときに気をつけるべき4つのポイント!

ネットで知り合った男性と会うときは、気をつけるべきことがいくつかあります。インターネット上でやり取りをしてどんな人か知っているつもりでも、本当にどんな人かはわからないからです。

優しそうな雰囲気を出しておきながら、悪さをする男性も存在します。イヤな目に合わないように、ここでは気をつけるべき4つのポイントをご紹介します。
相手のことを信用できるまでは、人通りの多いところで会うよう心がけましょう。人通りのないところでは、何かされたとき助けを求められません。

初めて会うときは駅近くで待ち合わせをして、カフェなどで話をするのがおすすめです。ご飯を食べに行く場合は、個室を選ばないよう気をつけてください。

警戒していることが伝われば、相手は変なことをしてこないはずです。まともな男性なら、信用してもらえるような行動を取るでしょう。
人通りの多いところで会うのと同じく、2人きりにならないことも重要です。とくにカラオケや居酒屋の個室など、密室で会うのは避けたほうがいいでしょう。

密室で会うと手を出されたとき助けを呼びにくいほか、手を出された証拠が残らないです。2人きりの空間で会うのは、複数回デートをして相手を信用できてからにしてくださいね。
可能性は低いですが、男性の中にはお金目当てで会おうとしてくる人がいます。荷物から目を離すとバッグを漁られる可能性があるので、油断しないようにしましょう。

ご飯中トイレへ行く際は、必ずバッグを持って行くべきです。「荷物見ておくよ」と言われても、「化粧ポーチが入ってるから」など理由をつけて肌身離さず持ち歩いてください。
インターネットで知り合った男性と会うときは、デート前に周囲の人へ会うことを伝えておきましょう。トラブルが生じたとき、リアルの知り合いでないと誰も相手のことがわからないからです。

詳しく話す必要はないので、いつ・どこで・どんな人と会うかくらいは伝えてくださいね。SNSやマッチングアプリなど、どんなツールがきっかけで知り合ったのか伝えておくと何かあったときスムーズです。

相手の男性にも、「親に話してきた」「友達に会うことを伝えてる」など周囲の人が知っている旨を伝えておくと、手を出されにくいです。
ネットで知り合った男性と会うときは、注意点を守って出会いを楽しみましょう。最初は警戒しすぎるくらいがちょうどいいです。

相手が悪い人ではないとわかったら、徐々に心を許して素で接してください。出会いがいいものでありますように。

(ハウコレ編集部)

関連記事