2021.05.14

彼とそろそろ結婚したいなぁ...結婚を意識してもらうための方法とは?

そろそろ結婚したいのに彼にその気がない場合、どうしたら結婚を意識してもらえるでしょうか。できれば結婚を切り出さずに、彼からプロポーズしてもらいたいですよね。

そこで今回は、彼に結婚を意識してもらうための方法をご紹介します。自然と意識してもらえれば、プロポーズされるのはそう遠くない未来のはずです。
自分の親に会ってもらい、将来家族になることを意識させる方法があります。親に会えば、彼はあなたとの将来を真剣に考えなくてはと思うはずです。

反対に、彼の親に会わせてもらうのもひとつの手です。彼の親から「結婚はいつ頃を考えているの?」「式は挙げるの?」と、いいアシストが出るかもしれません。
旅行に行き、いつもより長い時間を一緒に過ごすと未来を想像しやすくなります。知らなかった一面が見れるので、あなたの家庭的な一面や頼りになる一面を知ってもらうことで、ずっと一緒にいたいと感じてくれるかも。

ただし一緒にいる時間が長いと、喧嘩をする可能性が増えます。いい面だけでなく、悪い面も見えることが原因です。

喧嘩は仲直りすればプラスに働くため、あなたに悪い部分があれば旅行中にしっかり謝りましょう。仲直りをすることで、より2人の仲は深まります。
友人の結婚式が直近であった場合は、結婚式のことをさりげなく話題に出しましょう。「すごく幸せそうだった」「私もあんな結婚式がしたい」のように、結婚と幸せを結びつけて話すのがポイント。

結婚式の話題を出す際、「そういえば私たちは結婚どうする?」と尋ねてみるのもいいですね。自然な流れで自分たちの結婚について話せば、彼の考えを聞きやすいです。

友達以外に、兄弟の結婚式でもOK。「兄弟が結婚してから、結婚はいつ?って家族に聞かれるようになった」など、相談も兼ねて尋ねれば自然です。
鈍い彼には、潔く逆プロポーズしたほうがいいかもしれません。「結婚してください」と言うまで、彼はあなたの結婚願望に気付いてない可能性があるからです。

結婚したい気持ちを強く伝え過ぎると彼が少し引いてしまうので、「そろそろ結婚したいな」「私との結婚を考えてほしい」のように柔らかく伝えましょう。
結婚の話を彼にするのは勇気が要りますが、こう着状態が続くとモヤモヤするので早めに結婚を意識してもらうことが大切です。

彼が鈍い場合は逆プロポーズも視野に入れつつ、うまく結婚に対する考えを聞き出してくださいね。彼の反応を伺って、今後のことを決めましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事