2021.05.15

チャンス逃してない?【復縁】したいのにできなくなる考え方4選って?

復縁したいと思っているのに、自分の考え方のせいで復縁できなくなることもあるってご存知でしょうか。もしかしたら、復縁のチャンスでさえ逃している可能性もあります。

復縁したいと思う相手がいるのに、なかなか復縁できない、復縁できる気配もないという場合は、ダメな考え方をしているかもしれません。

そこで、復縁したいのにできなくなってしまう考え方について紹介しますね!
いわゆる、「私は悪くない」という考え方ですね。「前回別れたのは、彼が〇〇だったからだ......」「彼のせいで全てが終わってしまったんだ......」と思っていませんか?

それでも好きな気持ちが消えないから復縁したいと思っているのでしょう。しかし、この考え方をしていては復縁したくてもできません。本当に1ミリも自分に悪いところがなかったと言えるでしょうか。

何かしらの責任はあなたにもあります。その責任が分かっていないと、彼と和解することが難しいため、復縁はできなくなりますよ。
復縁に焦っていませんか?なかなか復縁できないと焦りが出て、焦りから「イライラする......」「相手ももう復縁するって決めればいいのに......!」という自己中心的な考え方が出てきてしまいます。

復縁は、あなたの気持ちも大事ですが、相手の気持ちもとても大事です。自分の気持ちばかり考えて焦っているようでは復縁したくてもできなくなります。

相手からも「復縁したいって言われても自分のことばっかり......」と思われてしまいますよ。
復縁したいと思うということは、過去に何かがあって別れたということですね。そこには何かしらの欠点があったのではないでしょうか。

それを考えもせずに復縁したいと思っているのでは、なかなか復縁することができません。相手は、自分たちの欠点を知っているのに、あなたは考えていないとなると尚更ですね。

復縁しても、リスクがあると思わせてしまうため復縁できないのです。自分が成長するという考え方が足りないのでしょう。
復縁したいと思いながらも「自分から言うのは嫌」「自分から復縁を迫るのはプライドが許さない…...」などのように思うことがありませんか?

「復縁したいけど、相手が言ってきたら考える......」というスタイルを持っていると、復縁したくてもできません。相手もあなたに遠慮してあなたの気持ちが分からずに過ごしている可能性があります。

また、相手は復縁に今のところ気持ちが向いていない可能性もありますよ。あなたが言うことで何かが変わるかもしれません。状況を変えたいなら自分の気持ちを伝えることが大切ですね。
復縁したいと考えているのなら、復縁できなくなる考え方は捨ててください。自分を見つめて、相手をしっかりと見て、今できる正しい判断で復縁に向けて進んでくださいね!

(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事