2021.05.16

心臓がばくばくする!この4つに当てはまったらあなたは恋してます

恋は無意識にするもの。
好きな人ができても自覚がないかもしれません。
そんなときは恋しているかどうかセルフチェックしてみましょう。
今回は恋に落ちたときのあるあるを4つ紹介します。
恋に落ちると、好きな相手のことが頭から離れなくなるものです。
「彼との会話を思い出す」「2人の未来を妄想する」など、常に彼を思い浮かべているのなら恋している可能性は大。
とくに夢にまで出てきたなら、彼への想いは相当大きいはずです。
気持ちが固まっている段階のため、思い切ってアプローチしてもいいでしょう。
好きな人の近くにいたいと思うのは自然なことです。
話すときに距離が縮まるのは、そういった近寄りたい気持ちが無意識に表れた証拠。
他の人とは一定の距離を空けるのに、思わず自ら距離を詰めているときは、相手への好意を隠しきれない状態かもしれません。
急に目を合わせるのが恥ずかしくなっていませんか?
目が合ってもすぐに逸らしてしまうのは、相手を強く意識しているサイン。
恋愛感情が大きくなると、相手と接するときに照れや緊張が生じやすいです。
相手に見られること自体が恥ずかしくなり、気持ちとは裏腹に目を合わせられなくなるでしょう。
恋をしたとき、つながりを求めて相手に触れたくなる人は多いです。
彼の肩や背中を触るなど、前よりボディタッチが増えた場合は要チェック。
「触りたい」といった気持ちが強くなり、ボディタッチとして表れている可能性があります。
彼がまんざらでもない様子なら、お互いに好意を持っている状態かもしれませんね。




恋に落ちたときによくある行動をまとめました。
恋している自覚がなくても、何気ない振る舞いに恋のサインが隠れているものです。
紹介した4つに当てはまったときは、自分の中の恋愛感情と向き合ってみてくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事