2021.05.15

上手くいくかな...?一目惚れから始まる恋の【メリット・デメリット】

みなさんは一目惚れをしたこと、されたことはありますか?

一目惚れからの恋愛は、あまりないようで意外と多いもの。初めて会った瞬間に「好き」という感情までにはいかないとしても、相手に興味を持った時点で一目惚れしていると言っても過言ではないでしょう。

今回は、そんな一目惚れから始まる恋愛のメリットとデメリットをご紹介します。
通常は相手の性格やお互いの相性を確認してから好きになるものですが、一目惚れは相手の性格を知る前に好きになってしまいます。

そのため、好きになってから相手のこと知ろうとと、少しずつ距離を縮めていきます。その過程で、自分の想像とは違った一面を発見することも多いでしょう。

相手を「知る・発見する」という過程で刺激的で幸せな恋愛をすることができるでしょう。
一目惚れをしたということは、「顔」がタイプだった、雰囲気が好きだったということですよね。つまり「見た目」に惚れたのです。自分のタイプの相手と付き合うことはそう簡単ではありません。

もし一目惚れした相手と付き合えたら、自分の好きな見た目の相手とずっと一緒にいれるということ。ちょっと嫌なことがあっても、イケメンの彼氏の顔を見れば不満なんて吹っ飛びますよね。
一目惚れした段階では、まだお互いを知らないことのほうが多いです。そんな中、「好きです」と告白をしても当然上手くいきません。

そのため、結局は他の恋愛と一緒で、相手を知っていくところから始めなければならないのです。好きになってから恋が実るまで、通常の恋よりも時間がかかってしまいます。
「恋は盲目」というように、大好きな時は相手の欠点から目をそらしてしまうもの。

特に一目惚れの場合は、相手を見定める前に好きになってしまうので、ちょっとした不満があっても「好き」という感情に押されて、気づかない場合が多いです。

その結果、付き合ってから「こんなはずじゃなかった......」と後悔する人も多いのです。
もし一目惚れした人が付き合ってから太ってしまったり、自分の思った通りの性格じゃなかった場合。どうしても「もっとこうして」という感情が出てきてしまうでしょう。

通常の恋愛の場合は、好きになる段階で嫌なところも受け入れる覚悟をしています。ですが、一目惚れの場合は、見た目だけで判断してしまうので、手に入ると自分の理想を押し付けてしまいがち。

相手は窮屈に感じてしまい、別れに繋がるケースも多くあります。
一目惚れから始まる恋愛はデメリットも多く、通常の恋愛よりも難しいと言えます。ですが、その分上手くいった時の幸福度は大きいです。

たとえ「顔」から入った恋愛だとしても、相手を受け入れて、きちんと向き合うことができれば、タイプの男性と幸せな時間を築くことができるでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事