2021.05.16

何が違うの?「本命女性」と「遊び相手で終わる女性」の違いを解説!

 
一言に恋愛だと言っても、色々なパターンがあることを知っている方も多いのではないでしょうか。遊び相手として、短い恋で終わってしまうという方と、男性からちゃんと愛されていて、本命になることのできる女性とは何が違うのでしょうか。
 
恋をするのであれば、せっかくなら相手の本命になって、大事にされたいという気持ちを女性であれば、持っていますよね。今回は、本命の女性と遊び相手で終わってしまう女性の違いについて、ご紹介していきます。
 
ビジネス系の自己啓発本にありそうな「自己肯定感」という言葉ではありますが、恋愛においても大きく関係のあるものなのではないでしょうか。自己肯定感が高い男性は、しっかりと自分のことを受け止めていて、自信を持つことができている人でもあります。
 
恋愛においてその自信は「愛されるための価値がある」という気持ちに繋がり、彼がいい加減な態度を取っていたとしても甘えることはありません。本命になるための女性は、自己肯定感が高いということを前提としたほうがいいのではないでしょうか。
 
しっかりとした信頼関係を築いているうえで成り立っているような恋人なのであれば、嫌だと感じたことや、気の進まないようなことには、はっきりとした「NO」という意思を伝えることができるはずです。
 
本命になれるような女性は、意思表示をしっかりして明確にしており、コミュニケーションを取ろうとします。遊び相手にだけしかなることのできないような女性は、彼に遠慮をしてしまい、嫌なことをはっきりと嫌だとはいうことができません。
 
恋愛が至上主義な女性はドラマチックなイメージもありますが、男性からすると、重くなってしまうというデメリットもあります。男性は、追いかけてくるという間には、自分に夢中になっているでしょう。
 
夢中になっていたとしても、付き合って2人の関係が安定してくると、男性自身の時間も大切にしたくなってきて、お互いに自立した付き合いをしていきたいという考えになってきます。
 
本命の女性は 彼の気持ちを受け入れて理解しており、仕事や趣味など恋愛ではないことも、充実させようとします。恋愛に対して依存するタイプは、彼の気持ちも受け入れられないことが多いので、遊びの相手にしかなりません。
 
遊び相手の女性には、単純に楽しくて、一時的に盛り上がることさえすれば、いいではないでしょうか。本命になることができる女性は、一時的な楽しみなどではなく、深くて精神的な繋がりを持つことができる女性のことです。
 
彼に対するいい部分や悪い部分を理解してあげて、受け入れることのできるほどの深い愛情があったからこそ、深い愛情が生まれて、本命になることもできるのではないでしょうか。遊び相手の女性には、精神的な繋がりを求められていません。


献身的に付き合っていたのに、彼から見たら遊び相手としてしか見られてないということもツラいですがありえます。1人の相手として大切にしてくれる彼氏を見つけましょう。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事