2021.05.16

どうしても長続きしない...いつも短い恋で終わってしまう理由とは?

 
彼氏がせっかくできたとしても、いつも長続きせずに短い恋愛になってしまうという方も、多いのではないでしょうか。短い恋愛で終わってしまうような女性は、まずどこに原因があるのか探ってみることが大事です。
 
今回は、短い恋で終わってしまう理由について、ご紹介していきます。短い恋で終わってしまうというのはなぜなのでしょうか。
 
理想の高すぎる女性は、彼氏を見つけて恋愛をすること自体が難しいかもしれませんが、彼氏に対してハードルが低すぎてしまう女性は、彼との交際が長続きしにくいという傾向にあります。ハードルが低すぎると変な男性に捕まってしまうかもしれません。
 
男性に対しての理想や、条件が無さ過ぎてしまうと、その場のノリや勢いだけで付き合ってしまうというパターンも多くあります。相手から好きだと言われて、自分の気持ちが隙かどうかも分かってない状況で付き合ってしまうというのもよくあることです。
 
告白されたからといって、すぐに付き合うのではなく、本当に相手のことが好きなのかどうかを自分の中で考えなければいけません。自分の中で考えて、行動を起こさなければ付き合ったとしても別れてしまい、後悔してしまうことになります。
 
飽き性な性格の人は、男性や女性など関係なく短い恋愛で終わってしまうことも多いのではないでしょうか。付き合うことができると、一緒にいる時間が長くなってしまうので、付き合う目よりも濃い時間を過ごすことになりますよね。
 
一緒にいる時間が長ければ、当然のように早い時間で相手に飽きてきてしまいます。「飽きたなぁ」「もういいかな」などと感じてしまうこともあるでしょう。
 
どれだけラブラブなカップルでも、マンネリはしてしまうので、飽きやすいと分かっているのであれば、前もってしっかりと対策をしておかなければいけません。常に一緒に行動をするのではなく、1人の時間を増やしてみると、いいかもしれません。
 

大好きな男性ができてしまうと、彼以外のことが目に入らなくなってしまい、恋愛が頭の中を占めているという方も、多いのではないでしょうか。恋愛が全てになってしまうような女性は、男性からすると、重荷になってしまいます。
 
依存されていると言っても過言ではないので、逃げたくなる気持ちが強くなっていくのでしょう。恋愛のこと以外にも夢中になれるようなものを、持っておきましょう。


短い恋愛を繰り返している女性は、付き合う男性を選ぶときに、相手のことを嫌いになって別れることが多くあります。相手のことを見極める前に付き合っているから起きてしまっているのでしょう。
 
彼の本質を理解してないままに付き合ってしまうと、「こんなはずではなかった」という状況になってしまうので、相手のことをしっかりとチェックしてから、付き合うようにしましょう。
 

自分が相手のことを嫌になっているのか、相手が自分のことを嫌になって振られているのかによっても、短い恋愛で終わってしまう理由は分かるので、客観的になって自分の恋愛を見直してみることも大事です。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事