2021.05.18

直したほうがいいかも!男性がやってしまいがちな勘違いおしゃれとは?

 
女性にとってちょうどいいおしゃれをしてくれる男性は意外にも少なく、どこか足りなかったり、どこかこだわりすぎていたりすることが、ほとんどなのではないでしょうか。本人はかっこいと感じていても、周囲からは冷めた目で見られていることもあります。
 
「その格好でそれはいらない」「その服いつまで着てるの」など、考えてしまうこともあるのではないでしょうか。今回は、男性に教えたい勘違いなおしゃれについて、ご紹介していきます。
 
 おしゃれでかっこいいと言われていたころのファッションは、なかなか捨てることができないという方も、多いのではないでしょうか。いつまで経っても同じような服装しか着ていなかったら、女性はすぐに気が付きます。
 
おしゃれに関しては、男性よりも敏感なので、見てすぐ分かってしまうということもあるのではないでしょうか。大学時代にモテていて、その頃に着ていた勝負服を年を重ねた今でも、そのまま着ているという方もいるようです。
 
若い頃のフレッシュさがあってこそ、似合う服装かもしれないので、年を重ねていくと、自分い合った服装も段々と変わっていきますよね。昔は細かったから似合っていたけど、今はぽっちゃりしてしまい似合ってないということもあり得るので、見直してみましょう。
 
 自分のことをかっこよく見せたいという気持ちが溢れてしまい、バランスの悪い状態になてしまうこともあるのではないでしょうか。スタイリッシュな服装をしているのに、腕時計だけは、ゴツくてギラギラしていると、バランスが悪いですよね。
 
おしゃれだと勘違いして、夜なのにサングラスをかけている方もいます。仲もよくて普段から一緒に飲みに行っているけど、サングラスだけはやめてほしいという考えになってしまうでしょう。
 
男性にとって、この格好が良いと思ってしまったら、なかなか簡単にやめることができません。元々男性は凝り性だということもあり、余計に一度決めたらやめないという方もいるでしょう。いつか気が付いてくれるといいですね。
 
 自分の体が自慢だという男性も多くいます。筋トレをしていて、筋肉がある男性などは、男らしさをアピールするために、筋肉を見せつけたがる場合もあります。
 
筋肉があって見せたいという気持ちもわかりますが、冬でも夏に着るような格好をしていると、流石に引いてしまいますよね。男らしくてステキかもしれませんが、ファッションでは彼女の格好とのバランスも考えるようにしましょう。
 
香りはふわっと香るくらいがちょうどいいですが、度を過ぎてしまっている場合もあります。流行りの香水を付けるのは良いかもしれませんが、付けすぎてしまうと、キツイ匂いになるので、気持ちが冷めてしまうこともあります。
 
香水をつけていたとしても、その男性の顔に合ってない場合もあります。彼氏が付けていて、合ってなかったらはっきりと言って、やめてもらいましょう。
 
男性は勘違いしたおしゃれをしてしまうことも多く、自信満々な顔でデートに行く場合もあるので、気が付いたら言ってあげましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事