2021.05.18

ずっと一緒にいたいからこそ!同棲中に彼氏に守ってほしいことって?

 
 彼とずっと一緒に居たいからという理由で同棲に踏み切ったとして、彼と何のトラブルもなく円満に過ごすことができるのであれば良いですが、思ったように物事が進まないのが切ない所でもあります。
 
 彼と同棲を始めたことによって、ケンカが絶え無くなってしまったり、別れることになってしまったカップルもいるようです。今回は、同棲している彼氏に守ってほしいことについて、ご紹介していきます。同棲は夢やときめきばかりではありません。
 
 先に同棲生活を始めている友達から、「彼と一緒に住むなら、トイレは座ってしてもらうようにお願いして」と言われて、彼にも座ってしてもらうようにしているという方も、多いのではないでしょうか。
 
最初から座ってトイレをしているのであれば、気が付かないかもしれませんが、男性が立ってトイレをすると、掃除が大変になり想像よりも汚れてしまいます。
自分に男性の兄弟などがいない場合、どれだけ汚れるのか想像できませんよね。
 
綺麗にしていたはずの空間が、一気に汚れてしまうので、ストレスも溜まってしまいます。
トイレのインテリアなどにもこだわっている場合、特に許せないことになってしまうかもしれません。
自分で毎回掃除をしないのであれば、文句を言ってきても黙らせましょう。
 
 彼と暮らし始めて一番揉める理由になるのは、掃除の方法や生活習慣などではないでしょうか。揉めてしまうたびに「俺の家はこうだった」と言われることもありますよね。2人で新しく家を借りた場合は、最初に話し合わなくてはいけません。
 
元々彼の家なら彼に合わせる、自分の家に彼が転がり込んで来たなら、「自分がルール」です。彼が言い逃れをしようとして、言ってきても、転がり込んできたのが彼なのであれば、「そんなこと知らない」といって、自分ルールにしてしまってもいいようです。
 
彼女の家にお邪魔させてもらっている身なのに、自分の家のルールを持ち出してくるのは、たんなるわがままです。「郷に入れば郷に従え」という言葉もあるように、相手の家にいるなら、その家のルールに従いましょう。
 
同棲している彼が、生活力のない相手だったら、最悪ですよね。夜中に騒音を出したり、ゴミの分別もしない、ゴミ出しの曜日も守らないなど、ひどい方もなかにはいます。
 
ご近所さんとの挨拶もしなかったりすると、本当に協調性が無いですよね。ひとつの家庭を守るという自覚が無いうちは、結婚することもできなければ、同棲しても上手くいきません。次の彼氏は、協調性がしっかりしている方を選びましょう。
 
同棲していると、ご飯を作らなければいけないので、その日にちゃんと家で食べるのか聞いておかないと、作ることもできませんよね。
 
 材料が足りなかったら買いに行かなければいけないので、お互いの予定をちゃんと把握していることも大切です。
 
生活スタイルの違う二人が一緒に暮らすので、探りながら過ごしていくしかありません。
お互いに快適に過ごせるように、話し合いながら築きあげていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事