2021.05.18

期待外れかも!彼氏に対して正直がっかりしたエピソード4選

 
今の時代の男性は、恋愛に対して積極的ではなく、消極的な男性も増えてきています。気が弱く、恥ずかしがり屋な男性も、多くなってきているのではないでしょうか。積極的ではないと分かっていても、自分からばかりになると、物足りなくなりますよね。 
 
「もう少し頑張って」と心の中では言いたくなりますが、彼のメンツのためにもいうことはありません。何もしない彼に嫌気を感じる方も、多くなってきています。今回は、正直ガッカリした彼のエピソードについて、ご紹介していきます。
 
彼がデートスポットに連れて行ってくれて、周りもカップルだらけで、夜景を見ながら絶好のロマンチックなキスのチャンスだったのに、「ちょっと恥ずかしいね、へへ」などと言われて、そのまま何もせず帰ったという方も、いるのではないでしょうか。
 
絶好のロマンチックだったのに、「へへ」ではないですよね。他にも言う言葉はあるはずなのに、笑って誤魔化さないでほしいです。最後以外は完璧だったのに、最後が微妙だったので、いい思い出にはなりませんでした。
 
デートスポットに行くと、いかにもな感じがして緊張するというのは分かりますが、女性のことをこれでもか、というほど期待させておいて、何もしないというのは気持ちをもてあそんでいます。せめてキスくらいはしてほしかったですよね。
 
彼とデートをして夜になり、家に帰ろうかというとき、気の利く男性や、男らしい男性なら「送っていくよ」という一言が出てもおかしくないですよね。断るつもりでも、一言言ってくれるのと、言ってくれないのは、結果は同じでも全く違います。
 
「気を付けて帰ってね」とは言ってくれるけど、送ってくれなかったら、寂しいですよね。心配してくれてないわけではないということも、分かってはいるけど、言葉として欲しいという方も、多いのではないでしょうか。
 
送っていくのが面倒くさいのか、「家まで送る」という言葉が恥ずかしいのか分かりませんが、家まで送ってくれると、女性はかなり喜びます。彼氏として、彼氏らしい行動をするために、恥ずかしくても頑張ってほしいですよね。
 
彼の家に行ったら、何か起きると期待してしまいますよね。初めてのデートではなくても、何回かデートしていて、さらに自分からくっついてアピールしていたのに、何もしてこなかったら、「魅力ないのかな」と思ってしまうでしょう。 
 
初めてのデートがお家デートで何もできなかったというのであれば、まだ分かりますが、何回かデートをしているのに、何もしてこなかったら、ガッカリします、恥ずかしくても頑張ってほしいですよね。
 
結婚するときは、プロポーズしてから結婚するのが一般的ですよね。結婚自体は紙に名前を書いてハンコをするだけかも知れませんが、気持ちを伝えるために大事なことです。
 
 付き合いも長くなり、お互いに結婚すると言っていたとしても、プロポーズの言葉が欲しいのは女性の乙女心です。婚姻届を渡されて「書いて」だけではなく、一言言って決めてほしかったですよね。
 
女性がウズウズしてしまうような状況になることもありますが、女性が色々やるのではなく、背中を押してあげるようなことをすると、いいかもしれません。 
(ハウコレ編集部)

関連記事