2021.05.18

主張激しすぎッ!恋のライバルが見せた「驚きのアプローチ方法」4つ

他の女性も狙っている男性と、自分が好きになった男性が被ってしまったという経験がある方も、いるのではないでしょうか。好きになった男性がそれだけ魅力的だということの証拠でもありますが、できるなら被らないほうが良いですよね。
 
わざわざ、争いの火種になるようなことをしたくないと考えている方も、多いのではないでしょうか。運が悪く、ライバルが火種を蒔いてバチバチするような方だと、心が乱されてしまいます。今回は恋のライバルがやっていた驚きのアプローチ方法についてご紹介します。 
 
気になっている彼と一緒に、デートとかではなく、友達の集まりのために買い物に行くことになり、2人きりになれるのが楽しみだったはずなのに、いざ当日になるといきなり彼のことが好きな子が割り込んできたということもあるようです。
 
彼の狙っているからこそ、2人きりで買い物に行くという情報を、どこからか知ってしまい、「2人きりにはさせない」と割り込んできたのでしょう。付いてきてほしくありませんが、着てしまったものは仕方ないので、3人になってしまい残念ですよね。
 
彼の情報を集めるという、ネットワークにも驚きますが、わざわざ割り込んでくるという気合にも、驚いてしまいますよね。自分に自信を持っているからこそ、積極的になっているので、こちら側も強気で迎え撃たないと、流れを持っていかれて負けてしまいます。
 
仕事の関係上で、誰かと2人組を作らなければいけないという場面がある方も、いるのではないでしょうか。どうせ組むのであれば、好きな人と組みたいですよね。勇気を出して誘っているときに、同僚がいきなり割り込んできたという場合もあります。
 
「この人と組むの可哀想!やりにくいよ!」などと大げさに貶してきたということもあるようです。仕事もまだまだ遅く、キャリアも無いため、言っていることは事実かもしれませんが、言い方にショックを受けますよね。
 
男性は鈍い方が多いので、女性の闇の部分を見ても、気が付かなかったり、わざと見てないフリをすることもあります。彼の性格がそういう人だと分かったら、甲斐性を感じられないので、譲ってあげましょう。
 
一緒に学校の女子と好きな人が被っていたとき、友達から「ネットであの子からいろいろ言われてるよ」と教えてもらったので見てみると、SNSで裏垢を作って、悪口を言っていたということもあるのではないでしょうか。
 
見つけて呼んだ時はぞっとしますが、タイミングよく彼から告白されたので、すぐに彼に教えたということもあるようです。やり方が陰湿で、男性の最も嫌いな女性の部類になりますよね。
 
自分と知り合いが彼のことを好きになってしまい、知り合いが彼の気を引くために、自分で自分に不幸なことをして、悲劇のヒロインを演じていたということもあるのではないでしょうか。
 
悲しんでいる女性を助けたいという気持ちは男性にあるので、誰も言わなかったら策略に引っ掛かり、2人の距離は近くなるでしょうが、そこまでやる精神力にびっくりです。
 
ストレートにアプローチをして、素直に勝ち負けを認めることが、どうしてできないのでしょう。相手を貶すよりも、自分を磨く努力をしてほしいですよね。
 
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事