2021.05.24

原因は自分にあるかも!【悩みを聞いてくれない】彼氏の心理って?

彼氏に悩みを相談したいのに、肝心の彼氏が悩みをまったく聞いてくれなくて困っているという女性はいませんか?

彼氏といえば女性にとっての心の支えですので、一番悩みを聞いて欲しい相手ですよね。しかしなぜ男性の中には、悩みを聞いてくれない人がいるのでしょうか。

そこで今回は、悩みを聞いてくれない彼氏の心理について解説していきます。
彼氏が悩みを聞いてくれないのは、自分自身にも悩みがあるからかもしれません。悩みがあると精神的に追い込まれてしまいますよね。また仕事が忙しいというような状況であれば、ストレスも溜まります。

人間にはある程度、抱えられるストレスの上限が決まっています。それをオーバーしてしまうと、病んでしまうようになるものです。

人の悩み相談に乗るというのは、それだけでストレスを感じてしまうものです。相談したほうはスッキリするかもしれませんが、相談される側は真逆の現象が起きます。

そのため、彼氏も悩んでいることがあると、彼女に相談されることを避けるようになります。お互い辛い状況ですので、これは仕方のないことですよね。
アドバイスをしたところで反論されるため、彼氏は悩みを聞いてくれないのかもしれません。

あなたは以前、彼氏に悩みを相談したとき、どのような反応をしたでしょうか。彼氏の言う通りにしたり、その考えに関心したりしたのであれば問題ありません。

しかし「それは違う」「全然わかってない」と言うように、彼氏のせっかくのアドバイスに反論したとしたら、それが原因です。

彼氏はアドバイスしてもまったく意味がないと悟ったことで、あなたの相談に乗らなくなってしまったのです。

このような場合、あなたの悩みを話す態度に問題があるため、そこを改善していきましょう。そうすることで彼氏も悩みを聞いてくれるようになります。
どうせすぐに解決することがわかっているから、彼氏は悩みを聞いてくれないのかもしれません。

あなたは少しでも嫌なことがあればすぐに彼に相談したり、毎回のように愚痴を言い続けたりしているのではないでしょうか。

もしもそのような小さな悩みの場合、時間が経てばすぐに解決しますよね。このことを彼も理解しているため、あなたの相談に乗らなくなったのです。

毎日のように彼氏に愚痴を言っていると、このようなことになってしまうため、注意しておきましょう。
彼氏もあなたのことが大好きですので、できれば悩みを聞いてあげたいものです。

しかし彼にも余裕がないときがありますし、あなたの相談の仕方が悪いこともあります。

そのため、悩みを聞いてくれない彼を責めず、あなた自身が態度を改めることを考えてみてください。

(ハウコレ編集部)

関連記事