2021.05.25

放っておけない♡「猫系男子」の特徴と攻略術って?

気まぐれだけど甘えん坊、見た目もかわいくて何となく放っておけない......あなたのまわりにも、「猫系男子」がいるかもしれません。

ちょっととっつきにくいけどいつの間にかクセになる?

「猫系男子」の実態と気になる攻略法についてまとめてみました。
ここ数年、日本で急増中と噂の「猫系男子」。果たして、どういったところが猫なのでしょうか。

猫系男子のオーソドックスな特徴について整理しておきましょう。
ニャーニャーと甘えてきたと思ったら、急に素っ気なくなったり......本物の猫もツンデレですが、猫系男子はその何倍もツンデレで、本音がなかなかわかりにくいのが特徴です。

昨日はあんなに甘えてきたのに、今日は別人のように素っ気ない......はじめのうちは戸惑うかもしれませんが、気まぐれな部分も含めて楽しむと関係が長続きするかもしれません。
猫系、といっているくらいですから、猫系男子は束縛を何よりも嫌います。

スマホなんか絶対に見せてくれませんし、「予定を教えて」も禁句。

たとえあなたにそのつもりがなくても、猫系男子にとっては束縛であり、「浮気してるでしょ?」と聞かれているのと同じなのです。

追いかけると逃げる、つかまえようとすると嫌がられる。寂しいかもしれませんが、ほどよい距離感をゆっくり探してみるのもひとつの向き合い方かもしれません。
猫系男子の上手な攻略術はあるのでしょうか?
束縛を何よりも嫌う浮気性の猫系男子にルールをいちいち押しつけても疲れるだけです。

ひとりでイライラするくらいなら、あなた自身が変わりましょう。

「浮気OK!」ぐらいの大らかな気持ちでいたほうが彼のほうも安心でき、お互いにとって心地のいい距離感がキープできるかもしれません。
ツンデレで、素っ気ない時もある猫系男子ですが、実は繊細で甘えん坊だったりします。

同棲していても毎日のように甘えてくるわけではありませんが、気がむいた時や、本当に疲れた時は子どものように思いきり甘えてきたりしますので、そんな時は広い心で受け止めてあげましょう。
気まぐれで本音を見せない、おまけにちょっと浮気性......微妙な距離感を好む猫系男子は、一見すると結婚にむいていないように思えるかもしれません。

確かに、結婚しても本質は変わらず、気まぐれに振りまわされることもあるでしょう。

ただ、猫系男子も愛情表現が苦手というだけで、わずかなサインにひとつひとつ気づいてあげていればお互いに安心できる関係がキープできるはずです。

気まぐれだからと諦めてしまうと彼が本当に逃げていってしまいますので注意しましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事