2021.05.28

気持ちを伝えよう!彼氏の【束縛が窮屈】だと感じたらどうする?

彼氏の束縛を窮屈だと感じたとき、どうすれば良いのかをお話していきます。
付き合っていると、良くも悪くも一度は話題に上がるのが「束縛」についてでしょう。

束縛は全くされないのも嫌ですが、されすぎるとそれはそれで嫌なもの。
ここでは、彼氏の束縛を窮屈だと感じたときにあなたが何をするべきか?を、紹介していきます。彼氏の束縛に悩んでいる方、必見です。
彼氏の束縛を窮屈だと感じたら、自分のことを信用してほしいと伝えてみましょう。
束縛をする心理には、必ず「不安」があります。

彼氏の気持ちはハッキリとは分かりませんが、束縛してしまうということは、少なからず不安があるのでしょう。

・本当に自分のことを好きなのか
・他に好きな人がいるのではないか

彼氏はこのような不安を感じており、その不安を払拭するために束縛という行為に走っていることが考えられます。

ですから、あなたが彼のことをちゃんと好きだということを伝え、その上で信用してほしい旨も伝えましょう。
あなたが言葉や態度で「好きだ」という気持ちを伝え、彼氏が安心できれば束縛も少しずつなくなってくるはずです。
彼氏の束縛を窮屈だと感じたら、嫌なことは嫌だときちんと伝えましょう。
彼氏は愛情表現として束縛をしている可能性も高く、あなたが嫌がっていることに気づいていないことも。
嫌なことは嫌だと言わないと、彼氏には伝わりません。

ただし、あなたが感情的になると逆ギレされる可能性もありますから、あくまでも冷静に伝えるスタンスを忘れずに。
このとき、〇〇が嫌というふうに具体的に嫌なことを伝えることがポイントです。

何もかもが嫌なわけではなく、「勝手にスマホを見られるのは嫌」「友達といるときに1時間ごとに電話してくるところが嫌」と、具体的に伝えましょう。

あなたが真剣に伝えることで、彼氏もそうだったんだ、と気づくことができるかもしれません。

あなたが嫌だと思っていることに気づいていなかった場合は、これをキッカケに束縛がピタリとなくなることもあるようです。

ハッキリと伝えるのは心が痛むかもしれませんが、耐えられなくなる前にきちんと伝えることが大切ですよ。
彼氏の束縛を窮屈だと感じたらどうする?について、お話しました。
束縛と感じる行為や頻度は、人によって違います。

だからこそ境界線が分かりにくいのですが、あなたが嫌だと感じれば、それは過度な束縛に値するもの。
これからも彼と付き合っていきたいのなら、自分の気持ちはハッキリと伝えていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事