2021.05.30

幸せとは限らない?「復縁失敗談」をご紹介します!

復縁したい!やり直したい!と思っている人はたくさんいると思いますが、果たして復縁をすることは正解なのでしょうか。

実は、復縁に成功しても幸せになれなかった......という人もいるのです。

ここでは、復縁に成功したものの結果として後悔している人の、復縁失敗談を紹介していきます。

復縁に成功しても、必ずしも幸せとは限らないようです。
復縁失敗談1つ目は、お互いに言いたいことが言えなくなったというもの。

別れる前はお互いに言いたいことがきちんと言えていたものの、一度別れて復縁してからは「言えなくなった」というカップルは少なくありません。

ことあるごとに相手の顔色を伺うようになってしまい、「これを言ったら嫌われるかも」「また別れたいって言われるかも」と考えるようになってしまったそうです。

確かにこの気持ちは、分からなくはありません。

しかし、良い関係を築いていくためには、お互いに自分の気持ちを言うのは必要不可欠。

それができないと知り、せっかく復縁したもののやはりお別れを選んだというカップルも少なくないようです。
復縁失敗談2つ目は、結局同じことの繰り返しになってしまった、というもの。

どんな別れ方をしたのか?にもよりますが、 復縁しても結局同じように別れることになってしまった、というカップルも少なくありません。

たとえば価値観の違いや考え方の違いからケンカが絶えず、別れてしまったとします。
復縁までに何ヶ月経ったかは分かりませんが、人はそう簡単には変われません。

どんなに変えようと思っても、内面、特に考え方に関してはなかなか変わるものではありません。

ふとした時に本音が漏れてしまう、ということもあるでしょう。
だからこそ、同じことの繰り返しになってしまうのです。

お互いに「変わろう」という気持ちがあればあるほど、空回りしてしまうのかもしれませんね。

変わろうと思っているのに結局変われない、相手も同じで、「何で?」と思ってしまうことがストレスになり、うまくいかないのでしょう。

せっかく復縁したのに残念ですが、元々合わないふたりだったのかもしれませんね。
復縁に成功したものの、結局失敗に終わってしまった例をお話しました。

復縁したい!とその場では思っても、安易な気持ちで復縁するのはやめた方が良いかもしれません。

本当に復縁したいのか、同じことの繰り返しにならないのかをきちんと見極めてから、行動に移しましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事