2021.05.30

冷めたわけではない!?彼氏とのLINEが減ってしまう理由とは?

 
彼氏と付き合う前は頻繁にLINEをしていても、付き合うことになってからはLINEが少なくなった......と感じている人も多いのではないでしょうか。
 
彼氏とのLINEが少なくなるのは当たり前なのか、それともただ馴れ合いになってしまったのか不安に感じてしまうことってありますよね。
 
今回はそんな彼氏とのLINEが少なくなるのは当たり前なのかを一緒に考えていきましょう。
 
 付き合いだすまでは離れているときは欠かさずにLINEをしていることが多かったかと思います。
 
しかし、付き合い出してからは一緒にいる時間が増え、自然とLINEのやり取りをする時間が減ったりしますよね。
 
またつながっているという安心感によって今までよりはLINEが減る傾向にあります。
 
こうして信頼関係を築いていくことができると、離れていても今までのように頻繁にLINEをしなくても安心できてしまうのではないでしょうか。
 
 他にも、やり取り自体が減ったというよりLINEの内容が薄くなったということも考えられます。
 
お互いが分かり合ってくると、言葉で伝えなくてもスタンプだけで気持ちを伝えることができたりする場合もありますので、そうなると文字のやりとりではなくてもわかってしまうこともあるでしょう。
 
こうして内容が今までよりも薄くなったことで、LINEが少なくなったと感じることもあるのです。
 
 付き合うことで、あまり多くを語らなくてもわかってしまうことってありますよね。

通じ合うものがありますので、わざわざ言葉にして伝えなくてもよくなってくる場合もあります。
そんなときは今までと比べると自然とLINEも減ってくるのではないでしょうか。
 
また、LINEではなく電話で用件を済ませてしまうといったことも増えてきたことで、その分LINEも少なくなっていくことも考えられます。
 
ただどうしてもLINEのやり取りが少なくなって寂しいといった場合には、あなたからLINEを送ることで、今までのようにやり取りは続けていけるはずです。
短い言葉だけでも気持ちを伝えたり、かわいらしいスタンプでのやり取りをするというのもいいですね。
 
また、動画や写真を送ってみるといったことができると、楽しさも増えていくのではないでしょうか。

 付き合い出すことで、今までよりもさらにつながりを感じられるので、離れていても安心して過ごすことができ、自然とLINEも少なくなっていくのではないでしょうか。
 
会えないときも、お互いに何をしているのかは把握していることが多かったりしますので、LINEで連絡を取らなくてもよくなります。
 
こうしてLINEは自然に少なくなる傾向にありますので、心配することはないですよ。
(ハウコレ編集部)

関連記事