2021.06.01

ショック...彼氏に「誕生日」を忘れられていたら冷められている証拠なの?

彼氏に誕生日を忘れられていたら、彼氏の気持ちが冷めている証拠なのでしょうか。

一年に一度の誕生日は、好きな人と一緒に過ごしたい、好きな人にお祝いしてほしいと思うもの。

しかしそんな誕生日を彼氏が忘れていたとしたら......正直、かなりショックですよね。

ここでは、彼氏に誕生日を忘れられていたら、彼氏の気持ちが冷めている証拠なのか?
について、見ていきたいと思います。

私が調査してみた結果、残念ながら気持ちが冷めていると答えた人が大半でしたが、中には気持ちが冷めているわけではない、という人もいました。

早速、見ていきましょう。
彼氏に誕生日を忘れられていたら、残念ながら彼氏の気持ちが冷めている可能性が高いです。

あなたは、彼氏や好きな人の誕生日を忘れたことがありますか?
相手のことを好きであるなら、誕生日というのは早々忘れるものではありません。

好きな人が生まれた日ですし、恋人同士にとっては、お祝いをするべき記念日でもありますからね。

そういう大切な日を忘れるのは、彼にとってあなたが特別な存在ではなくなってきている証拠。

同級生や元彼、昔仲の良かった友達の誕生日をすべて覚えているという人が少ないように、自分にとって特別な存在ではなくなると、人はその情報を忘れてしまうものなのです。
今回調査したところ、たとえ誕生日を忘れてしまっても好きという気持ちは変わらない、という意見もありました。

かなり少数派ですが、こんな考えの人もいるようです。

  • 長く付き合っていて、一緒にいるのが当たり前になると、ある意味特別感はなくなる。彼女のことは好きだけど、誕生日かどうかに関わらず一緒にいるから、誕生日が特別なものではなくなっている。

誕生日を忘れたことの言い訳のようにも聞こえるのですが、こういう考えの男性もいるようです。

とはいえ、残念ながら誕生日を忘れるというのは気持ちが冷めつつある証拠。

普通は、好きな人の誕生日を忘れるなんて有り得ません。

一部例外はあるものの、誕生日を忘れられたことをきっかけに、彼氏との関係を考え直してみるのもいいかもしれませんね。
彼氏に誕生日を忘れられていたら、彼氏の気持ちが冷めている証拠なのか?について、お話しました。

残念ながら、十中八九彼氏のあなたに対する気持ちは冷めていると見て間違いありません。
ここから立て直すか、終わりにするかはあなた次第。

あなた自身がどうしたいか?を、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

(ハウコレ編集部)

関連記事