2021.06.06

呼ぶ前にチェック!「男ウケの良い部屋」って?

一人暮らしで彼氏ができると、彼氏が家に来ることもあるでしょう。実は男性の中には部屋のインテリアや照明に凝る人も多く、そうした男性は女性の部屋をこっそりチェックして趣味が合うかどうかを見ているのです。

では、そんなインテリア好きの男性にも満足してもらえるような、男ウケの良い部屋とはどんな部屋なのでしょうか。
「男ウケ=女性らしさ」と考えている人は多いでしょう。そういう人にとっては、男ウケの良い部屋はレースやフリルが多く、ピンクを基調とした乙女チックな部屋を連想するかもしれません。

しかしながら、あまりにも少女趣味な部屋は男性に引かれてしまうリスクが高くなります。男ウケの良い部屋にしたいのであれば、色合いは女性らしくしつつも装飾等はシンプルにしましょう。
家に彼氏を呼ぶ時、インテリアや雑貨よりも重要視すべきなのは清潔感です。特に女性の場合、ファンデーションの粉や髪の毛などが落ちていることに無頓着になりがちです。

床が暗い色だと余計に気付けないこともあるでしょう。しかし、初めて家に入る男性にとっては気になるものです。特に男性は髪が短いため、女性の長い髪が落ちていると気味悪く感じることもあるでしょう。

ズボラな女性だと思って、結婚相手の候補としては頼りないと思われる恐れもあるので注意が必要です。
女性の中にはぬいぐるみが好きな人も少なくはありません。抱き枕のように使っているものもあれば、インテリアとして置いてあるぬいぐるみもあるでしょう。

しかし、ぬいぐるみが多すぎると男性に引かれる恐れがあります。ぬいぐるみは多くても一部屋に一つにするようにしましょう。

また、大きすぎるぬいぐるみは引かれる可能性を高くしてしまうので、抱えられるサイズの大きさにとどめておくのがおすすめです。
男性の中でもインテリアが好きでこだわりを持っている男性は、彼女の部屋に対しても厳しい目でチェックしがちです。

油断していると、部屋に来た段階で幻滅されてしまう恐れもあるでしょう。普段から住んでいると見落としがちな変な部分も彼氏には目につくかもしれません。

家に呼ぶ前は掃除も含めてしっかり最終チェックをして、万全の状態で出迎えましょう。

(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事