2021.06.04

やべえ言っちゃった...ムカつく男性に怒りをぶつける方法4つ

何度同じことを言っても改善してくれなかったり、全く反省の色が見られないなど、自分が我慢してるのがばかばかしくなるような腹の立つ男性っていますよね。
そんな男性に怒りをぶつけるときは、どうするのがベストなのでしょうか。
そこで今回は、ムカつく男性に怒りをぶつける方法をご紹介します。
感情的に怒りをぶつけないように気をつけましょう。
喧嘩腰で伝えても彼の神経を逆撫でするだけで、売り言葉に買い言葉になってしまう危険性も。
冷静な話し合いができず、解決できるものも解決できません。
感情的な伝え方になりそうなときは、一呼吸おいて冷静になるのを待ちましょう。
怒りをぶつけるときはあなたがなぜ怒っているのか、その理由を彼に伝えるようにしてください。
男性には他人の気持ちに鈍感な人が多く、女性がなんでそんなに怒っているのかわからないのです。
ムカついているときに怒りの理由を冷静に伝えるのは難しいかもしれませんが、理由がわかると男性も納得できて、反省や改善がしやすくなるかもしれません。
頭に血が上ってしまうと相手を傷つけたくなる衝動が湧いてくることがあります。
そういうときに選んでしまう言葉は大抵、相手の人格を否定するようなもの。
相手を落ち込ませることはできても彼のあなたへの信頼は失われ、きっとその後の二人の関係に支障をきたしてしまうでしょう。
怒りをぶつけるときは、彼がした「行為」についてだけ怒るようにしてくださいね。
怒りをぶつけるときに昔の話を持ち出してはいけません。
「あのときだってそうじゃん」「前にも言ったよね」。
怒りと共に過去の記憶もいろいろ思い出して、こんな言葉を言いたくなるかもしれませんが、議論するのは今の喧嘩の話題だけどだけにしておきましょう。
また今の喧嘩を未来の喧嘩に持ち出さないで済むように、喧嘩はその場その場で解決するようにしてくださいね。


いくらムカついていたとしても相手を攻撃してはいけません。
そんなことしても何の解決にもならないからです。
今後とも彼との関係を続けていきたいなら彼をきちんと反省させるためにも、これらを参考に怒り方をマスターしましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事