2021.06.07

夢でもあなたに夢中♡彼がキュンとする【おやすみLINE術】4選

好きな人とLINEでやり取りをして1日を終わりにするときに、あなたはどのようなメッセージを送っていますでしょうか。

「おやすみ」と一言伝えるだけではなく、ちょっとしたコツを知っておくだけで、会いたい気持ちにさせることができ、眠れなくさせてしまうことができるのです。

今回はそんな会いたくて眠れなくなる「おやすみLINE術」を伝授します。

もしかすると夢で好きな人と会えるかもしれませんよ。
寝る直前まで好きな人とLINEのやりとりをしていると、次第に会いたい気持ちになってきてしまいますよね。

そんな自分と同じような気持ちにさせるためには、「早く会いたいな」と優しく甘えてみましょう。

絵文字なども一緒に送ってみてもいいですね。

お休みLINEと合わせて送ることで、最後にあなたの甘えを受けて、相手も早く会いたい気持ちになるでしょう。
寝る直前までLINEのやり取りをしていると、「そろそろ寝ようかな」などおやすみモードになっていきますよね。

そんなときに、「一緒に寝ようか」と冗談っぽく伝えると、妄想が広がってますます会いたくなってしまうはずです。

女性から茶目っ気たっぷりの一言を言われると、男性は嬉しい気持ちになりますし、一人で勝手にあれこれ考えて夜も眠れなくなってしまうかもしれません。

そのくらいドキッとさせるような一言をおやすみLINEで伝えることができると、あなたのことが頭から離れなくなってしまうでしょう。
LINEのやりとりは好きな人とであればいつまででも続けていられますよね。

けれど明日のことを考えると、名残惜しくてもおやすみをしなければなりません。

そんなときに、「もう少し話したかったな」と寂しそうに伝えることができると、今すぐにでも会いに行きたい気持ちにさせることができるのです。

LINEを終わりにしたあとに心に残る一言になるはずですので、しばらくはあなたのことを考えて、なかなか眠れない状況になるのではないでしょうか。
LINEでのやりとりがまだ続きそうでも、「続きは夢で会おうね」とかわいらしく伝えることができると、とても幸せな気分にさせることができます。

そして本当に夢で会えるようにあなたのことを考えながら眠りにつくのではないでしょうか。

こうしてますます会いたくなるような言い方をすることで、あなたとのLINEのやりとりの余韻がいつまでも残った状況にさせることができます。
ただ「おやすみ」と伝えて終わるのではなく、ちょっとした一言を添えるだけで、一気に会いたい気持ちを高めることができます。

今回ご紹介したコツを抑えて、さっそく試してみてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事