2021.06.08

もううんざり!やたらと「アドバイスをしてくる既婚者」への対応って?

あなたの職場に「結婚生活を順調に送る方法」や「結婚するために必要な条件」などを上から目線で語る既婚者はいないでしょうか。

職場の上司や先輩ばかりではなく、結婚した友人やSNS繋がりの既婚者の中には「自分は独身の人のためにわざわざアドバイスをしている」と勘違いしている人もいます。

本当は全く求めていないにも関わらず、アドバイスをするのが大好きな面倒な既婚者への対応を紹介します。
既婚者がアドバイスをするのは「さすが結婚できた人は違うね」のように感謝されて尊敬されたいからだと考えられます。そのため、面倒でも褒めてあげて既婚者の自尊心を満たしてあげれば、満足するでしょう。

無視をしたくなりますが、無視すると「聞きなさいってば!」と相手もムキになるので、聞き流して褒めておくのがすぐにアドバイスを終わらせるためのコツです。
自尊心を満たしたくてアドバイスをしてくる既婚者の場合、質問をして頼っている姿を見せることで満足して話を切り上げてくれることもあります。3回に1回くらいは適当な質問をしておきましょう。

質問に対する回答は、聞きたくなければ聞かなくても構いません。とにかく「相手の話を聞いている」あるいは「相手の話に興味を持っていてもっと聞きたいと思っている」という態度を見せることが重要なのです。
既婚者からのアドバイスを無視すると怒らせてしまい面倒なことになりますが、だからといって必要がない人は聞きたくないという場合もあるでしょう。

その場合、実は聞き流していてもバレる可能性は非常に低いです。適当に相槌をうっていても気付かれないでしょう。

重要なのは、既婚者をたくさん喋らせて満足させることです。迷惑なアドバイスでも波風を立てず、BGMだと思って聞き流しても良いでしょう。
聞いてもいないのに結婚生活の良い点や婚活の成功ポイントを話してくるお節介な既婚者は、ありがた迷惑に感じられることもあるでしょう。

そんな既婚者に対しては、真面目に相手をすると疲れてしまいます。適当に相手をしながら上手に切り抜けていきましょう。
(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事