2021.06.07

家事も仕事もできるけど!男性がなんかガッカリしてしまう嫁の特徴

家事や仕事をうまくこなす妻でも、ちょっとした言動で夫に失望されることがあります。
妻へのガッカリを繰り返すうちに夫の気持ちが冷めるケースは少なくありません。
夫婦仲を良好に保つために「ガッカリさせる妻の特徴」を知っておきましょう。

夫婦として長く一緒にいると、結婚当初に漂っていた緊張感は薄れていくものです。
次第に異性という意識がなくなり、恥じらいのない行動をとっていませんか?
「全裸でうろつく」「目の前でおならをする」
こんな行動にガッカリする男性は多いです。
それほど心を許している証拠ですが、良好な夫婦関係を築くうえでは考えものでしょう。
家族である前に、愛し合う夫婦であると意識することが大切です。
夫婦の形は、お互いを尊敬して支え合える状態が理想ですよね。
しかし、夫の存在が当たり前になり、尊敬する気持ちが薄れていませんか?
夫へのリスペクトのなさは、ちょっとした言動から伝わるものです。
妻に尊敬されていないと感じた夫は、寂しさやガッカリした気持ちでいっぱいになるはず。
なぜ夫と結婚したのかを思い出し、尊敬する部分を見つめ直しましょう。
夫に不満を感じると、他の人の夫が素敵に見えるかもしれません。
しかし「〇〇さんの旦那さんは羨ましいなあ」など、他の人の夫と比べる発言は要注意。
夫への不満を伝えるために他人を引き合いに出すと、夫をガッカリさせる可能性が高いです。
他人を例に出して夫を批判するのではなく、冷静に話し合う姿勢を見せましょう。
夫婦関係が長くなっても、スキンシップをすることはコミュニケーションの一つです。
夫が手をつなごうとしたときなど、とくに理由もなく断ってしまっていませんか?
スキンシップお誘いを拒否されると、男性は「もう愛情がないのか」とガッカリする傾向があります。
その結果、妻以外の女性を求めて浮気に走ることも…。
触れ合う時間が減ってしまうとと夫婦関係が破綻しかねないため、スキンシップの重要性を知っておくことが大切です。
そのうえでどうしても乗り気になれないなら、その気持ちを夫に打ち明けるといいでしょう。



「男性をガッカリさせる妻の特徴」を紹介しました。
自分にとっては何気ない言動でも、知らないうちに夫をガッカリさせているかもしれません。
4つの特徴の中に当てはまるものがないか、夫への態度を見直してみてくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事