2021.06.13

いい女と思ってほしい♡自分の【雰囲気】の高め方とは?

いい女と思われたいという気持ちは、女性なら少なからず持っているものです。
彼氏がいるなら、彼氏のためにも周りからいい女と思われるに越したことはないですよね。

また、フリーの人はいい女と思われて恋愛のチャンスを広げたいとも思うでしょう。
そこで今回は、いい女と思われるための自分の雰囲気の高め方について紹介します。
イライラしたりカリカリしている人というのは、雰囲気が怖くて近寄りたくないものがあります。どんなに美人でも心が閉ざされていると良い雰囲気はまるで出なくなってしまいます。

そのため、心を穏やかにすることを意識してください。何があっても自分目線で考えずに「そんなこともあるよね!」ぐらいの気持ちを持っておけば穏やかになり良い雰囲気が自然と出るようになるでしょう。
いくら美意識を高めたとしても、それが自分に似合うものでなければ努力した意味があまりありません。今は骨格診断やパーソナルカラー診断などがあるため、それらに頼って自分に似合うものを見つけましょう。

似合うファッションや似合う色を身につけることで、一気に垢抜けることができます。垢抜けたら雰囲気がとてもよくなるため、歩いているだけでいい女と思われることもありそうですよね。
視野が狭い人は、自分の苦手を受け入れることができません。例えば「〇〇な人嫌い」と思ったら、そういう人が現れたときに心を閉ざしてしまうため、嫌な雰囲気をまとった女性になってしまうでしょう。

自分で視野を広げて「色んな人が世の中にはいて面白い」と思っていたほうが明るい雰囲気に包まれるため、いい女と思われるようになりますよ。
いい匂いをまとうというのは、男性のいい記憶に残るためにも大事なことです。そのため、軽やかに香るいい匂いをつけておきましょう。できれば、いつも同じ匂いにしたほうがいいですよ。

ただ、香水などは匂いがきつい場合もあるため、ハンドクリームにしたり、ボディクリームにしたりと工夫してみてくださいね。いい匂いがする女性にはついていきたくなる男性も多いはずです。
いい女になりたいと思ったら、雰囲気を重視するのも大事なことです。自分の雰囲気を高める行動をどんどんして、同時に内面も磨いていきましょうね。

(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事