2021.06.14

そんな避けなくてもいいじゃん...わざと女性を遠ざける発言をする男性心理とは?

女性に好意を示される態度や言動をされると「俺は大したことない人間だからな…」「俺みたいなやつよりももっといい人いるよ」「誰か紹介しようか?」などのようにわざと遠ざける発言をする男性っていますよね。

女性からすると「遠回しに振られているのかな?」と感じてしまうことでしょう。そこで今回は、わざと女性を遠ざける発言をする男性心理について紹介します。
自分に自信がないために付き合っても幸せにすることができない、付き合いを続けていくことができないと思ってしまい、わざと遠ざける発言をして逃げる男性もいます。

自分のことでいっぱいいっぱいなのに人の人生まで背負えないなどのように重く捉えていることもあるでしょう。
目の前にいる女性が自分にとってタイプではない、告白されると面倒だと感じている場合、告白を阻止するためにわざと遠ざける発言をする男性もいます。相手が今告白しようとしているのを察知しているのでしょう。

知り合い程度や友達としてなら付き合うことができても、どうしても彼女としては見ることができないのです。断るのも面倒なので遠ざける発言で分かってほしいと感じているのでしょう。
今は仕事が忙しいなどの理由から恋愛をしようと思っていない男性もいます。仕事も恋愛も両立できたら一番いいのでしょうが、恋愛している暇があるなら仕事をしたいと思う時期もあるのです。

そういう時期に限って言いよってくる女性はいるもので、自分に余裕がないことや時間がないことを理由にしてわざと女性を遠ざけてしまう男性もいますよ。落ち着いたときにタイミングよく現れた女性とのほうが恋愛しやすいと思っていることでしょう。
過去の恋愛でトラウマがあり、そのトラウマを今も克服することができていないため、女性を遠ざけて自分を守る男性もいます。もう傷つきたくないと思っているのでしょう。

恋愛するのが怖くなっているので、怖さを回避するためにもわざと遠ざける発言をして女性から去ってくれたらそのほうがいいと思っているのです。トラウマは厄介なので、女性を遠ざけるのが癖になっている男性もいるでしょう。
自ら女性を遠ざけてしまう発言をする男性心理はとても複雑です。何かしらの理由があるため、女性にとっては真実が知りたいですよね。

(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事