2021.06.11

「もっと触って!!」男の本能をくすぐる【焦らしスキンシップ】の特徴

 
いつも同じスキンシップではマンネリ化してしまいますよね。
今回は彼に飽きられないためにも、男の本能をくすぐる焦らしスキンシップテクニックを学んでいきましょう。
 
「ねぇねぇ♡」と、呼ぶときに指で背中や肩をツンツン触る遠慮気味なスキンシップにキュンキュンしてしまう男性は多いですよ。
思いっきりひっぱったり、手を握ってみたりと、積極的なスキンシップも嬉しいですが、「もっと触っていいのに」と焦らされるのたまらないのです。
積極的なボディタッチができないと悩まなくても大丈夫。
可愛らしくツンツンしてみてくださいね。
 
見つめ合っていい感じになっても「人も見ているしここでキスは恥ずかし」なんてことありませんか?
そんなときは彼の口にそっと指や手をあてて「あとでね」と言うのがポイント。
「こんなところでやめてよ!」はムードが壊れてしまうのでNGです。
焦らされた分、あとで熱いキスができるはず。
 
やっと二人きりになってキスができると思ったときに、なかなか唇にさせてくれない焦らしも男心をくすぐるスキンシップです。
頬だけではなく、首筋や耳などにキスをして焦らしていきましょう。
「我慢できない!」と男性の方から積極的なキスをしてくれるかもしれません。
 
外でイチャイチャするのは恥ずかしくても、人目のないおうちデートのときなどはいつも彼にベタベタと甘えてしまう人も多いのでは?
最初のうちはイチャイチャも嬉しいですが、毎回だと重たく感じる男性も。
そのためくっつきたい気持ちを抑えて「今日は甘えてこないな」「家にいるのに触れてくれないな」と彼を焦らす、ほどよい距離感を保つことも大切です。
 
やりすぎはいけませんが、焦らすことは興奮のスパイスです。
彼の男心をくすぐるスキンシップでラブラブ度を高めていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事