2021.06.16

ショック...!男性には理解されづらい「女性のオシャレ」とは?

女性のおしゃれと男性のおしゃれは感覚が違うということは広く知られています。そのため、女性は男性とのデートのために気合を入れておしゃれしたはずなのに、男性にとっては喜ばれるどころか不評で、気分が台無しになってしまう恐れがあります。

この感覚の違いによるおしゃれの認識の差を埋めることは難しいでしょう。
では、どんなおしゃれは男性に理解されづらいのか、チェックしてみましょう。
有名な話ですが、ネイルに対して難色を示す男性は少なくありません。特にカラーが派手なだけではなく、ビーズなどの派手なデコレーションが施されたネイルに引く男性は多いでしょう。

ラメなども「食事の中に混入しそう」と考える男性もいるようです。ストーンのように目立つ装飾は、どんなに女性にとってはおしゃれでも男性にとっては理解できないおしゃれになってしまう可能性があります。
最近流行のインナーカラーは、女性にとっては髪型によって気分を変えることができる特別なおしゃれです。

しかし男性から見ると「二次元みたいで不自然」や「染めるなら全部染めれば良いのに」という気分になるようです。目立たない色であっても、インナーカラー自体に理解できないと拒否反応を示す男性もいます。

まだまだ女性の中にも知らない人がいるほど新しいおしゃれですので、男性に理解してもらうには時間がかかるかもしれません。
男性にとって、アイシャドウといえばベージュ系やピンク系が定番という印象があるでしょう。そのため、奇抜な色のアイシャドウをすると、どんなに似合っていてもおしゃれではないと思われる恐れがあります。

特に夏に人気が出がちなブルー系やグリーン系のアイシャドウは、怖く思えてしまう男性もいるようです。彼氏とのデートでは、無難な色を選ぶ方が楽しくおしゃれできるかもしれませんよ。
男ウケを狙う場合、最新のおしゃれや自分に似合うおしゃれが必ずしも効果的というわけではありません。

できるだけ男性に受け入れられやすく、分かりやすいおしゃれをする方が注目を集めることができるでしょう。

おしゃれをする時のポイントとして覚えておいてください。

(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事