2021.06.17

NOと言える女性になろう!束縛男子に「嫌と言えない」あるあるの理由4つ

好きだからという理由で、彼女を束縛する束縛男子にとって彼女はついつい流されがちです。
本来であれば、流される事なくNOというべきなのです。
では、なぜ嫌という事が言えないのかその理由もお伝えします。
彼に嫌われたくないといった思いが大きければ、大きいほどにNOということができません。
彼の言いなりになっていれば、嫌われる事はないのだと認識するからです。

しかし、残念ながら嫌われたくないという思いだけで束縛を受け入れていると恋愛は上手くいきません。
もし、束縛をされて嫌だと告げた結果彼が嫌うのであれば彼自身も恋ではなかったということになります。
彼の存在が怖いから束縛を受け入れている女性は要注意というべきかもしれません。
本来なら、彼との関係は同等であるべきですかこの怖いという感情が芽生えている時点で同等といえません。

好きと思う感情ではなく、彼の怖さでコントロールされていると認識してください。
人に対して依存気質の方もいます。
好きとなったら、彼しかみえず友人との関係すら遮断することもあるからです。
依存することによって、自分が自分らしくいることができなくなるというデメリットが存在します。

相手の事を思うのであれば、まずは自分は自分と考え依存しないようにしてください。
結果、自分のためにもなります。
勇気をまずは出してください。
嫌なことは嫌なのだとはっきり相手に告げなければ何も解決に導く事はできないのです。
勇気を出すといっても、なかなか自ら行動する事はむずかしいかもしれません。

それでも一歩一歩前進することで自分らしさを保つことができます。
彼を大事に思っているからこそ、彼に従うのではなく彼を思うからこそ自分の意見を相手に告げるといった事をメインに考えてください。
悩んでも解決にはなりませんし、損する結果になりかねないのです。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事