2021.06.18

好きな気持ちはあるけれど、何度も【復縁を繰り返す】デメリットって?

別れても未練が残っていたり寂しかったりすると復縁することも珍しくはありません。しかし復縁しても結局相性が悪いと、再び別れることもあるでしょう。そのような別れと復縁を何度も繰り返すカップルは意外と多いと言われています。

しかし、何度も復縁を繰り返しているとデメリットが発生してしまうので注意しましょう。
付き合って別れて復縁して、ということを繰り返していると、時間の無駄になってしまいます。結婚願望が強い人も、その人と付き合っている間は他の人を見ないことも多いため、いつの間にか結婚適齢期が終わってしまうこともあるでしょう。

結婚願望が強い人は、復縁を繰り返す恋人にとらわれるよりも、勇気を出して新しい人を探す方が良いケースも多々あります。
復縁したと報告した時にお祝いをしてくれる周りも、3回以上繰り返すと内心ではドン引きする人が増えてきます。そのため今まで通りの友達付き合いをしようとしても、いつの間にか距離を置かれるということもあるでしょう。

復縁できなくなり、改めて友達に誰か紹介してもらおうと思っても、既に疎遠になっていて頼みづらくなってしまっているというケースもあります。周りの人から見た自分たちの印象も冷静に考えておきましょう。
別れても復縁する経験が多くなればなるほど、別れに対するハードルが下がってしまいます。無意識のうちに「気に入らないから別れたいけど、どうせ復縁するから別れても良いや」と考えてしまい、別れ癖がついてしまうこともあるでしょう。

これは復縁を繰り返す恋人だけではなく、次の恋人にも影響を及ぼす可能性があります。ちょっとしたすれ違いで「じゃあ別れる?」と言う癖ができる恐れがある点にも注意しなければなりません。
復縁も悪いことではありませんが、何度も繰り返すと時間の無駄になってしまいます。イライラすることがあっても乗り越えて付き合いを続けるべきか、復縁したくなっても我慢して新たな人を探すのか、自分の将来を考えるとキッパリ決めるのが良いかもしれません。
(ハウコレ編集部)

関連記事