2021.06.21

聞いてほしい!【ケンカ中】彼氏に自分の話を聞いてもらう方法とは?

ケンカすると彼氏が自分の意見ばかり主張してきて、全くこっちの話を聞いてくれないなんてこともあるでしょう。一方的に意見を言われるのも嫌だし、自分の言い分を聞いてほしいと思うこともありますよね。

ケンカ中はいつもとは違い、頭に血が上っていることが多いです。そのため、普段は聞いてくれる人でもいつもと対応が変わることもあるでしょう。

そこで、ケンカ中に彼氏に自分の話を聞いてもらう方法について紹介します。
彼氏が話している途中で自分の意見を言おうとしても、遮られてしまいます。
あなたにも言い分があるでしょうが、彼氏が話し終わるのを待ってから話しましょう。

話している最中に言葉を挟まれると、イラっとしてしまいます。ケンカして頭に血が上っている状態ならば、なおさら口を挟まれたくありません。彼氏が話を得るのをいったん待ちましょう。
彼氏がなにか主張をしている場合は、その主張を受け入れましょう。
自分の意見を聞いてくれたと感じるので、あなたの話に耳を傾けやすくなります。

彼氏の主張が納得できないことだったら、無理に同意する必要はありません。「言いたいことは分かった」など、話を聞いていたと伝えることが肝心なのです。
彼氏が言いたいことを言い終えているようであれば、「じゃあ次は私の番ね」といったように自分のターンにしましょう。今から話しますということを伝えることで、話を聞く心構えを彼に作ってもらうのです。

自分の主張をして、相手の主張は聞かないというのはおかしいです。そのため、彼氏もあなたの話を聞かざるを得ません。そういた状況を作ることで、否が応でも彼氏は話を聞いてくれることでしょう。
長々と話をされると、言いたいことが彼に伝わらないばかりか最後まで聞いてくれないこともあります。そこで、結論から先に言いましょう。

結論を先にして、後で補足をすることにより短時間で彼に言いたいことが伝わります。
話を聞くのが苦手な彼氏には、この作戦が効果的でしょう。
自分の意見をお互いに聞いてもらおうと言い争いになると、結局何が言いたかったのかお互いに分かりません。言いたいことは順番に話すようにした方が、ケンカが長引かずにすみますよ。

(ハウコレ編集部)

関連記事