2021.06.25

彼氏と別れそう!冷たい彼氏の気持ちを確かめる方法とNG行動

彼氏が冷たいと「なんだか別れそう」と不安に思いますね。
また「どんな気持ちか」知りたくなったり、彼氏が冷たいと「別れた方がいい?」と聞きたくなったりします。

今回は「彼氏が冷たいと感じる瞬間」や「男心を確かめる方法」などをご紹介しましょう。
「冷めているのに別れない彼氏」について知りたい人はぜひ参考にしてみてください。
彼女という立場から見ても「冷めているのに別れない彼氏」の気持ちはとてもわかりづらいものですね。
まず、どんな男性心理を持っているのかしっかり抑えておきましょう。

彼女との関係が安定して安心しているだけ

お付き合いも順調となると彼女はまるで空気のように「居て当たり前」の存在になりがちです。

たとえば、話しかけても「ふーん」「あっそう」など素っ気ない返事しかしなかったり、一緒にいてもつまらなそうにしたりするでしょう。
そのため「冷たいから別れた方がいいのかな」と悩んでいるなんて考えてもいません。
こういったタイプの男性はお付き合いするまで優しいですが、恋人になった途端冷たくなります。
あなたという存在に「完全に安心しきっている」状態だと言えますね。

冷めたから別れのにおわせをしている

愛情が冷めているにもかかわらずはっきり気持ちを伝えず様子見をしています。
わざと冷たくすることで「どうしたの?」と聞いてほしかったり、「別れる?」と切り出してほしかったりするだけです。

あなたを不安にし揺さぶりをかけることによって「彼氏が冷たいから一緒にいて疲れた」「別れそう」と思わせようとするでしょう。
自分で決断をくださず、におわせるだけで簡単に別れようとする気持ちが見え隠れしますね。
「冷たい」=「もう興味がない」と率直に表現しています。
冷たい彼氏の「男性心理」を勉強したところで、つぎは実際に「冷たい」と感じる瞬間をご紹介していきましょう。
「冷めているのに別れない彼氏」がする行動をよくチェックしてくださいね。

LINEの返信が遅い

カップルのLINEはやり取りが早いほど会話もはずみますよね。
前はすぐ返信がきていたのに、今では彼氏からの返信が遅いだけでなく、彼氏はあなたからのLINEの通知を一時的に無視している可能性があります。
「どうせ急ぎじゃないし、すぐ返さなくてもいいや」「そもそもあまり話すこともないし」と冷めた気持ちなどからそうするでしょう。
どちらにせよスルーされることが多くなると「彼氏が冷たい……返信を待つのも疲れた」と嫌気がさすので、徐々にお互いがすれ違う原因になります。

前より返信が短い

「めんどくさい」などと思うとLINEの返信は短くなりがちですね。
彼氏があからさまに短いLINEしか送ってこないなら、なにかしら気持ちに変化があったと考えていいでしょう。
たとえば「仕事が終わった」と言ったら、「お疲れさま、がんばったね」と連絡がきていたのに「了解」など簡単なものになっていきます。

その返信の短さは、忙しいからでなくあきらかに「冷たい」と感じるものばかりです。
わざと「私に関心がないのかな」「彼氏が冷たいのは別れた方がいいのかも」と思わせる作戦ともとれますね。

通話(電話)が減った

通話(電話)はお互いの声が聞けるので、コミュニケーションがとりやすいですね。
さみしかったり、急に話したくなったりした時にぴったりの連絡方法。

しかし、「あまり乗り気でない」「わざわざ会話しなくても」と冷めた気持ちになるとその回数は極端に減ります。
また「相談にのるよ」「将来どう考えている?」などという大切な話さえもする必要がなくなった関係とも言えるでしょう。
通話が減るということはだんだんとふたりの気持ちが離れることにつながっていきます。

彼氏から連絡がない

連絡が途絶えるということは「自然消滅」を狙っているとも感じますね。
この場合、彼氏は相当冷めているか、ふたりのことを「もうどうでもいい」と投げやりに考えているなど、かなりよくない状態となります。
だいたい電話やLINEの連絡がないのなら「もう仲良くする気はない」と言われているようなもの。
これはどんなに鈍感な人でも「彼氏が冷たいから別れそう」と痛感する瞬間でもありますね。
ある程度の様子見も必要ですが、早めに彼氏の気持ちを確認した方がいいでしょう。

デートはいつもこちらから誘う

デートは「男性にエスコートしてもらう」というイメージがありますね。
そのため、どうしてもいろいろとデートコースを考える男性から誘ってもらうことが自然だと思いがちです。
でも実際は誘われることがなく、あなたから「遊園地に連れて行って」「買い物に行こう」と言うとなると彼氏は実のところ積極的に会いたいとは思っていないのでしょう。

会うことで「笑顔がかわいい」「一緒にいて楽しい」と感じてもらえなくなるので、みるみるあなたへの愛情が冷める一方となります。

一緒にいてもスマホばかり

よく恋愛テクニックとして「デートする時スマホはバッグの中に」なんて言いますよね。
それだけスマホが目に見えるところにあると相手に集中できないという意味です。
それが一緒にいるのに彼氏がスマホばかりするのなら、完全に「もう気がないよ」という脈なしサインでしょう。

スマホですることと言えば「SNSチェック」や「ネットを見る」くらいなので時間つぶしをされているのです。
目の前でスマホしかしないのなら、こうした彼氏の気持ちを察することができますね。
男性の冷たい態度について知ったところで、果たして「本当に別れたいのかどうか」を確かめていきましょう。
すぐ実践できるようしっかり覚えてくださいね。

自分から積極的に連絡するのをやめてみる

いつも自分から連絡しているのなら、試しにやめてみてください。
たとえば「おはよう」とLINEすることが習慣であってもとりあえず我慢しましょう。
彼氏は「連絡は当然」だと思っているので、すぐ変化に気づくはずです。
そこで「あれ?どうしたんだろう……俺から電話してみるか」となれば、まだあなたを思う気持ちはありますが、「まあいっか」となれば、連絡をやめてもなんの効果も表れません。
その後の彼氏の対応に注目すると本心がわかるでしょう。

なにか変化があったか聞いてみる

いろいろと彼氏の気持ちに思いを巡らせてもキリがありませんね。
それなら「最近冷たいね」と言ってから「なにかあった?」とやわらかい言い回しで聞いてみましょう。
また「心境の変化が?」「私のこと本当に好きなの?」という聞き方も使えます。
その言葉を受けて、彼氏が「実は……」と話しやすいように持っていくため「新鮮さを感じない」「前ほど好きじゃなくなった」なんて答えも覚悟しておいたほうがよさそうです。
ただ勘ぐりすぎるのもよくないのでほどほどに。

感情的にではなくさみしい気持ちを伝える

訳もわからず彼氏に冷たくされると「なにか不満でもあるの?」とイライラしますよね。
でも、ここで感情的になるとケンカになってしまうのでグッと堪えてください。
それから素直に「最近○○くんが冷たいから不安なの」「そんなに冷たくされるとさみしい」とじっと目を見ながら言ってみましょう。
彼氏も冷たくしている自覚はあるので「こんなに悲しませていたんだ」とハッとするはずです。
そんな気持ちに気づくことで優しさを取り戻すケースもあります。
「冷たいから別れた方がいいのかな」と思いながらも気持ちを確かめることができたのなら、自分から「別れる?」と言うべきでない理由を学習していきましょう。

本当に別れることになる

よく「自分で口に出したことは本当になる」と言いますね。
彼氏をピンチにし、焦らせようと「そんなに冷たいなら別れる?」なんて告げただけでもたちまち現実になる可能性が出てきます。

そのため彼氏が冷たくて別れがチラついたとしても、その気がないのなら絶対に口にすべき言葉ではありません。
また彼氏も「私と別れる?」なんて強気な発言を聞いたら、カチンときて言い争いにもなりかねませんね。「別れ」のセリフはくれぐれも軽く口にしないようにしましょう。

復縁を迫ると男を振り回す女と思われる

自分から「別れる?」と言い出しても、結局復縁を願いがちですね。
「きちんと話せばよかった」「冷たくされてもそばにいたかった」などと後悔することになり、別れを切り出した側にもかかわらず「よりを戻そう」と歩み寄ることになります。

そうなると自分勝手な行動が目立って「ずいぶんと男を振り回す女」と迷惑な印象になってしまうでしょう。
こうなると復縁も難しくなってしまうので、それなら最初から別れを決意しない方が良い選択だと言えますね。

ケンカにしかならない

もし、本当に別れるにしても「ケンカ」になったらスッキリしないですね。
たとえば、「最近冷たくなったね、それなら私たち別れる?」と言えば「なんだよその言い方!」とたちまち険悪なムードになってしまいます。
彼氏も冷たくはしているものの「別れよう」と思っていなければ、こうして怒りを買ってしまう結果になるでしょう。
やはり「別れる?」という一方的な言葉からは「マイナスなことは生まれてもプラスになることは起きない」と覚えておいてくださいね。

試し行動をしても男はほぼ本音を言わない

よく「女性は勘が鋭い」と耳にしますが、男性もとても敏感だと言えます。
「ねえ、別れる?」とこちらから試そうとしても、よほどうまく言わないかぎり男性から本音を聞き出すのは難しいでしょう。
なぜなら、途中で「本気で別れようとは思っていない」「俺の真似して冷たくしている」と気づくからです。
たしかに「試されている」とわかれば、その手にはのらないですね。
的確な言葉遣いや行動ができないのなら、下手に「別れる?」とは言わないでおきましょう。
「彼氏が冷たいからもう疲れた……」と感じている場合、いったいどうしたらいいのでしょうか。
これから解決策をご紹介するので、しっかり頭に入れておいてくださいね。

気持ちを話してみる

彼氏の冷たさに「疲れた」と感じるなら相当心にダメージを受けていますね。
こういった状態で無理に恋愛テクニックを使おうとすると、逆にうまくいかないものです。
ここはストレートに「○○くんに冷たくされてどうしたらいいかわからなかった」「最近冷たいから別れたいのかなと思って」と不安をぶつけてみましょう。

それに加えて「それが原因で疲れている」と現状も伝えてみてください。
そう言われれば彼氏も「慣れ合いになっていた」「実は別れたくて……」と答えてくれるはずです。

こうして、しっかりとした話し合いの場を設けて解決への道を探りましょう。

別れを伝えて後悔しないかもう一度考える

冷たい彼氏との「交際に疲れた」のなら、もう背伸びする必要はありません。
ただ「別れる」と告げるのはNGだと説明したように、この言葉を言うだけで現実に離れ離れになりがちです。
そのためもう一度ゆっくり時間をかけて「彼氏と別れて大丈夫?」「後悔しない?」と自分に問いかけてみてください。

たとえば「もう少し様子を見てみる」「やっぱり好きだから一緒にいよう」と思えたら良いですが、そうでないのなら「別れ」を伝えてみましょう。
冷たさの原因が「慣れ」や「心境の変化」だとしても納得できないなら仕方ありません。

占い師さんに相談してみる

彼氏の気持ちを確かめる方法として、占い師に相談してみるのもよいでしょう。
占い師はあなたと彼氏の今後を占えるだけでなく、職業柄多くの恋愛を見ているためヒントとなるアドバイスがもらえることがあります。

ハウコレが運営している占いサービス、『電話とチャットでウラナッテ』では、色々なタイプの占い師さんに相談することができます。
初めて登録した方は登録完了時に500円分のポイントがもらえるので、ちょっとお得に占えますよ。

▼彼の本心を占ってみる▼



急に彼氏に冷たくされると「もしかして別れたいのかな?」と不安になりますね。
また「どんな気持ちから?」「どうしたらいいの?」と混乱してしまうでしょう。

そこで今回ご紹介した「彼氏が冷たいと感じた瞬間」や「男心を確かめる方法」などを参考に、冷静な判断をしてくださいね。

きちんと彼氏の気持ちを確認して自分にとってベストな道を進みたいものです。(菜花明芽/ライター)

関連記事