2021.07.04

どうして?「いじられキャラ」なのにモテない人の特徴とは?

いじられキャラはモテるイメージが強いですが、中にはいじられキャラなのにモテないという人もいます。そういう人には関わっていると「だからモテないのか......」という要素が見えてくるでしょう。

いじられキャラでモテないというのはもったいない気もします。
今回は、いじられキャラなのにモテない人の特徴について紹介したいと思います。
いじられキャラを演じているタイプはモテません。男性の前だけでいじられキャラで女性の前でいじられると機嫌が悪くなるような人は、女性からの評判が悪く、そこから男性にも本性が伝わっていくため本当の意味でモテないのです。

モテたとしても最初だけで、付き合ったら「いじられキャラじゃないじゃん」と思われることも多いでしょう。偽のいじられキャラはいつかバレるので注意も必要です。
愛されるいじられキャラの人は、どれだけいじられたとしても陰で色々言うことがありません。自分の中で上手に処理していますし、本当に相手を受け入れる心を持っているためグチが出てこないのです。

しかし、モテないいじられキャラの人はいじられている時には笑っているのに陰でものすごいグチを言っているという特徴があります。それがバレてしまうためモテないのでしょう。
いじられキャラの人でも、顔にいじられるのが嫌だなというのが出る人、いじられているときに表面では笑っているもののふとしたときにキレ顔になっている人はあまりモテないでしょう。

相手が「やばい......」「実は怒っているのでは?」と気を遣ってしまうため、それ以上踏み込んでこなくなるのです。恋愛になる前に相手の気持ちが冷めてしまうでしょう。
美意識が低くて見た目が男っぽい、メイクも何もしていないなどのように気を使えていない部分が明らかに多いといじられキャラでもモテません。顔の作りが普通だったとしても見た目に気を配っていればそれなりにモテるでしょう。

見た目がちゃんとしていないために恋愛対象にならないのです。よく異性から絡まれてはいるもののモテるところまではいかないでしょう。
いじられキャラでもモテない人はいます。恋愛のチャンスをことごとく逃している可能性もあるでしょう。もし自分がいじられキャラでモテないときは何が問題なのか考えてみてくださいね。

(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事