2021.07.05

これが危険ポイント!【別れが近い】カップルの特徴って?

別れが近づいてきたとき、自分でも「これは近々別れるのではないか?」というのを感じるようになるでしょう。自分が相手と別れたくなっているときも別れる前に何かしらの前兆があるものです。

今回は、別れが近いときのカップルの特徴について紹介しますね。別れたいと思っている人も、別れを怖いと思っている人もチェックしてください。
好きだったはずの相手にやたらとイライラすることがありませんか?もう好きという気持ちよりも「なんで?」という気持ちのほうが強くなっていて相手の行動にも言動にも引っかかってしまうのかもしれません。

自分の気持ちが盛り上がらなくなっているために、やたらと相手にイライラして相手の欠点ばかりが目についてしまうということもあるでしょう。
好きなときは「今すぐ会いたい!」「毎日会いたい!」「休みの日のたびに会いたい!」などのようにとにかく会いたい気持ちが強かったのに「最近会うのがなんか嫌」と感じるようになったら別れが近いでしょう。

「恋人に会うよりも友達に会うほうがわくわくする」「恋人よりも友達との計画を優先にしたい」などの気持ちが増して恋人に会う気が薄くなってきたら、別れのカウントダウンかもしれませんね。
相手からの連絡をいつも後回しにしてしまう、相手が何か話しているのに返事を適当にしてしまうなどのように、恋人に対する対応が雑になっていると別れが近づいてきています。

恋人を大切に思う気持ちよりも、面倒とか離れたいという気持ちのほうが強くなっているため、対応が雑になっているのでしょう。雑さがきっかけで喧嘩も多くなると喧嘩別れするかもしれないですね。
デートのときに手を繋ぐ、キスをするなどの行為がだんだんなくなってきていると別れが近い可能性があります。これは、知らず知らずのうちになくなっているのではなく、触れたくないという気持ちが強くてなくなっている場合はより別れが近いということになるでしょう。

触れなくなるのは、触れたくないという気持ちに現れでもあります。自分から触れるのも嫌と思っていることでしょう。
別れが近いときは、ラブラブだったカップルにも何かしらのサインがあります。そのサインを感じたときは覚悟をしたほうがいいでしょう。

(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事