2021.07.07

幸せになれるとは限らない!美人ゆえの苦労って?

よく「美人の人生はイージーモード」「美人なら大抵のことは自分の思い通りになる」といった話を耳にしますよね。

生きていくうえで美貌が武器になることは確かにありますが、逆にその美しさゆえに生きづらさを感じてしまうこともあることをご存じでしたか?

美しいことは、必ずしもメリットばかりではないのです。そこで今回は、美人の知られざる苦労を4つご紹介していきます。
美人と付き合いたいと考える男性は多いもの。自分の内面を見てくれない男性ばかりにアプローチされることに、虚しさを感じる美人は少なくありません。

中には、自分の社会的ステータスを高めたり虚栄心を満たすための手段として、美しい女性を自分の「所有物」のように扱う男性も…。

このような男性は付き合う前は紳士的で優しく接してくれるため、その本性を見抜けずにアプローチを受け入れてしまうケースも珍しくありません。
誰かに好かれること、愛を捧げられることは必ずしも幸せなことではありません。美人はその外見ゆえにモテやすく、生理的に無理なタイプや絶対に付き合いたくないタイプに一方的に好意を持たれてしまうこともしばしば。

告白を断ると嫌がらせをされたりストーカー被害にあったりすることもあるのです。「自分が好きでもない人に恋愛感情を向けられるのが気持ち悪い」と悩んでいる美人も少なくありません。
頭抜けた美人の場合、周囲が勝手に「高根の花」扱いをしてくることがあります。遠巻きにされて周りの人から孤立し、寂しい思いをしてしまうのも美人ならではの苦労でしょう。
「美人だからこうに違いない」と、外見を理由に一方的なイメージを押し付けられるのも美人ゆえのデメリット。

外見ばかり注目されて内面を見てもらえず、「誰も本当の私を理解してくれない」「ありのままの私を愛してくれる人がいない」と不安に感じてしまいます。
美人に憧れる人からすると贅沢な悩みに感じるかもしれませんが、その美貌ゆえに苦労している女性は意外と多いのです。

美人であることで生きづらさを感じているのならば今の交友関係や環境を変え、あなたの内面をきちんと見て先入観なく付き合ってくれる友人や恋人を見つけましょう。

(もんもーる/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事