2021.07.08

もしかして別れの危機?【別れの前】に起こりうる心理・行動!

別れの前兆って、感覚でわかる人もいれば全然わからない人もいますよね。できれば別れの前兆にありがちな行動を知っておいて、心の準備をしたり別れないようにしたりと対策はしたいもの。

そこで今回は、別れの前兆である言動を厳選しました。

今回ご紹介した行動が目に付くようになった時点で相手の心はある程度固まっている可能性もありますが、なるべく改善できるように頑張りましょう。
別れを視野に入れていると、相手の細かい行動がいちいち癪に障るようになります。相手から細かいことを指摘されたり、怒られる頻度が増えているのなら注意をしましょう。細かいことを指摘し始めると、その意識が強化されてマイナスのイメージばかりついてしまいます。

これで喧嘩が増えてしまうと、もはや手をつけられる状態ではないでしょう。
前は急に彼氏の家に行っても温かく迎え入れられていたけど、門前払いされたり感情的に怒られるようになったら注意が必要です。もしかしたら浮気相手がドア越しにいる可能性も0ではありません。

行くにしても人と会うときは、アポイントを取るのがおすすめですよ。もともと家に突然来られるのが苦手な男性もいます。自分の感情で物事を考えず、相手の感情も踏まえて状況を判断しましょう。
付き合い始めの頃は喧嘩をしても、そこまでお互いがお互いの心をさすような喧嘩をしていないでしょう。しかし時間を重ねるにつれて、だんだん精神の消費が激しくなってくる場合も。

この状態が改善されずに、ずっとエスカレートしているのなら注意が必要です。自分も相手も疲れがたまってしまって、別れの喧嘩につながってしまうかも。次の喧嘩が別れの引き金になる可能性も0ではありません。
夜の相手をお願いしたり、会う約束をしようとしても、「疲れているから」ではぐらかされるのは別れのサインかもしれません。電話の約束だったり、あなたとのコミュニケーションを何かと理由をつけて避けている場合は別れが間近まで来ている証拠。

何かとあなたを傷つけたり、避けられている場合は注意してみましょう。
(笹原ゆゆ/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事