2021.07.10

軽い気持ちでもNG!「奢って」と言われるのが嫌いな男性心理って?

女性の中には、軽い気持ちで男性に「奢って」や「ごちそうさま!」という人も少なくはありません。しかしながら、本人は本当に奢ってもらえたらラッキーくらいの軽い気持ちでも、言われた男性側は大きなストレスとなっているケースが多いと言われています。

軽い冗談のつもりなのに、なぜそんなに嫌がるのか、男性心理を解説していきます。
どんなに軽い内容であっても、人からの頼みを断ることにストレスを感じる人もいます。特に女性側が断られた時に「ケチだな~」のように返すと、相手にはもはや冗談ではなく、責められているように感じられることもあります。
そのような経験を一度でもすると、その後は「奢って」と言われるたびにトラウマを思い出して、胃が痛くなってしまうほど傷つく男性もいます。自分は冗談のつもりでも、相手を傷つけている可能性があると自覚しましょう。
そもそも自分が尊敬している人や好意を持っている人に対しては、軽口を叩けない女性が多いでしょう。それなのに特定の男性に対しては「奢って」と言えるのは、その男性のことを自分より下だと認識していると解釈される場合があります。
本人は親しい友人だから冗談を言っているつもりでも、男性は馬鹿にされたと解釈することもあるので注意しましょう。
特に日本では、どんなに親しい人でもお金の話をするのは好ましくないと考える人が多いものです。そのため、ちょっとしたものでも「奢って」と簡単に言える女性を下品な人だと感じる男性も多いでしょう。
そのような人に冗談を言われること自体がストレスになるという男性もいます。相手が奢る・奢られることに対してどのように考えているか分からない場合、あまりにも簡単に「奢って」と言うと誤解されることもあるので注意してください。
自分では冗談のつもりでも、相手によっては冗談を不快に思われて、嫌な女性だと思われるおそれがあります。時には男性同士の噂話で悪い話が広まってしまうこともあるでしょう。

軽い気持ちで冗談を言うのは「奢って」という冗談に限らず、控えた方が良いかもしれませんよ。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事