2021.07.14

大切にしたい気持ちが台無しに!彼氏を【傷つけるNG言動】3選

口では彼氏のことを「大切にしてる」と言っていても、ちょっとした言動で彼氏からその気持ちを疑われてしまう恐れがあります。女性としては大切に接しているつもりなのに、彼は内心でイライラして女性の気持ちを疑うこともあるかもしれません。

大切にしてるつもりでも、それまでの行いが台無しになるNG言動にはどのようなものがあるのでしょうか。
ほしいものや食べたいものがある時、冗談でも彼氏に対して「買って」や「奢って」と自分から言ってはいけません。誕生日などのイベントでもないのにそういう発言ばかりしていると、彼氏は自分が単なる財布扱いされているように感じるでしょう。

自分では冗談のつもりでも彼氏を傷つける恐れがあるので、彼氏を大切にしたいのであればそういうことは言わないようにしましょう。
体調不良など、どうしようもない理由があれば仕方ありませんが「友達が久々に地元に来るって言うから」などの理由で彼氏との約束をドタキャンするのもNGです。一度決まった約束なのに、他の人を優先すると彼氏の優先順位が低いことを伝えているのと同じことになります。

また、体調不良でも「具合が悪いから仕方ない」と開き直らず、申し訳ないという気持ちを前面に押し出して伝えないと、都合の良い男扱いをしていると誤解されるかもしれないので注意してください。
彼氏の具合が悪くてデートが延期になった時の反応も重要です。楽しみにしていた期間限定のイベントに行けないと残念になるのも仕方ありませんが「どうして今日具合悪くなるの?」のように不満をぶつけると、彼よりイベントの方が大切だと思われるのも当然のことでしょう。

どんな記念日であっても、彼氏の体調以上に大切なものはないはずです。まずは彼氏の心配をして、何か必要があれば手助けするようにすると良いのではないでしょうか。
自分では彼氏のことを何よりも大切にしているつもりでも、ふとした時の言動で彼氏にその気持ちを疑われてしまうこともあります。

本当に彼氏を大切にできているのか、彼氏を優先しているのが客観的に伝わるか、常に冷静に考えましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事