2021.07.11

「違うんだよなぁ...」男が苦手な【スキンシップのタイミング】4つ

彼にスキンシップを断られた経験はありますか?
どうやら男性には、苦手なスキンシップのタイミングがあるようです。
そこで今回は、男性が苦手な【スキンシップのタイミング】を4つご紹介します。
ちょうどいいタイミングでスキンシップができるようにしましょう。
周りに人がたくさんいるときは、視線が気になってスキンシップできないという男性もいます。
待ち合わせ場所で彼を見つけて嬉しくなれば、抱きつきたくなることもあるでしょう。
実はその行動も、男性にとっては「恥ずかしい」と思われているかも。
スキンシップは人目の少ないところでするのが無難ですよ。
友達にスキンシップしているところを見られたくない男性もいます。
彼とのラブラブぶりを友達に見せつけたいと思う女性もいるかもしれませんね。
しかし、友達に彼女とラブラブしている自分の姿を見られるのが恥ずかしいと思う男性もいるのです。
彼やあなたの友人も一緒にいるときは、イチャイチャしすぎないように意識するといいかも。
疲れが溜まっているときは、スキンシップしたくないと感じる男性も多いでしょう。
連日の残業などで疲労が溜まっている男性は「スキンシップよりも寝ることを優先したい」と思っているかも。
彼に「疲れているから」と言われたら、素直に受け止めて回復するのを待ってあげましょう。
男性も「今はそんなにスキンシップしたくないなぁ」という気分になることがあります。
彼に「今は気分じゃないから」と言われたら、それは彼の素直な気持ちでしょう。
気分が乗るまで気長に待ってあげれば、いずれ彼に誘ってもらえるかもしれません。

男性が苦手な【スキンシップのタイミング】を4つご紹介しました。
上手なタイミングでスキンシップを仕掛けて、彼にドキッとしてもらいましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事