2021.07.17

【決定版】恋愛で超使える!心理的テクニックまとめ♡

皆さん、恋愛心理学はお好きですか?

恋愛心理学には、恋愛で使える様々なテクニックがありますが、中には効果が全くでないものも...

今回は、恋愛で使えるテクニックのうち、実体験からみて使える!と感じた5つのテクニックを皆さんに伝授しちゃいたいと思います。
スリーセット理論とは、人の印象というのは、出会って3回目で決まる、ということを示した理論のことを言います。

1回目は第一印象を、2回目は第一印象の再確認、3回目でこれまでの印象を統合させて固定化します。

好きな人からの印象はもちろん、彼のご両親からの印象もこの理論を応用できるので、出会って3回目までは自分の印象にも注意を向けておくと良いでしょう。
人の仕草を真似することで、親近感を高め、好意を持たせるミラーリング効果。

趣味が似ていたり、性格が似ていると会話が弾んで誰しも楽しいと感じますよね。

相手が笑ったら自分も真似をして笑うだけでも効果は期待できますが、相手にバレないようさり気なく真似をしてください。
誰かからプレゼントを渡されると、お返しにプレゼントを渡したくなりますよね。

実は、好意もそのような心理的なメカニズムが関係しており、好意を伝えられると自分も好意を返したい、という心理に陥りやすいと言われています。

例えば、相手を褒める、というのも相手にさりげなく好意を伝えられるので、ここで好意の返報性が働いてくれますが、

「好き」とストレートに伝えるのは逆効果なので要注意!
ゲインロス効果とは、相手が自分に持つイメージとは反対の、良いイメージを与えるような言動をすることで好意を感じさせるというメカニズムのことを言います。

俗に言う、ギャップ萌えですが、相手が持っていた悪いイメージと本来の良いイメージの幅が大きければ大きいほどその効果は期待できます。

第一印象であえて悪い印象を持たせ、それとは反対のイメージを3回会うまでにみせると、きっと彼も好意を持ってくれるはず!
皆さんは、人の印象の決め手はなんだと思いますか?

要因としては、会話の内容や表情、声の大きさ等がありますが、

この法則では、この中でも特に表情や見た目といった視覚情報が第一印象の決め手としています。

ちなみに、会話の内容は第一印象に7%の影響度しかないため、会話の内容よりも表情や見た目に注意しておくと良いでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事