2021.07.19

勘違いしてない?【嫌われる束縛】と【愛されるやきもち】の違いとは

どうもあかりです。
「束縛」と「やきもち」って、「私だけを見てほしい!」という根っこの気持ちは一緒なのに、その表現の仕方が違うせいで、彼氏からの評価は180度違います。
そこで今回は、彼氏に嫌われてしまう「束縛」と、彼氏から愛される「やきもち」の違いをご紹介します。
ぜひみなさんも、「束縛」じゃなくて「やきもち」が上手な彼女になってください。
例えば彼氏が彼女である自分以外の女性とLINEをしているのに気が付いたとしましょう。
そんなとき、「もう、その子とLINEしないで!」と禁止までしてしまうと「束縛」になってしまいますので、「へ~、私の知らないところで女の子とLINEとかしちゃってるんだ~」と指摘するだけにとどめるのが、「やきもち」であるための鉄則です。
まずはこれを大前提として理解してください。
次に、「愛されるやきもち」のためには、なるべく「かわいく」伝えるようにしてあげましょう。
先ほどのLINEの例ですが、「へ~、私の知らないところで女の子とLINEとかしちゃってるんだ~」と指摘するときに、真顔で問い質すように言ってしまうと、言葉で「ダメ」とは言っていないものの、言われた側からすればほとんど禁止されたようなものです。
なのでこのときには、いかにも「私、やきもち妬いちゃってますよ」といった感じで、漫画だったら「プンプン」と顔の横に文字が入りそうな、「かわいく怒ってる」感を出してあげるのがカギ。
こうやって「かわいく」指摘してあげた方が、彼氏も素直に「彼女のために、心配させるようなことはしないであげよう」と思ってくれます。
最後に、やきもちを妬くときには、「脅し」を使わないようにしましょう。
「それを続けるんだったら、私は二人の関係を考え直す/私も同じことをする」みたいに迫るのは、「それやっちゃダメ」と禁止するよりもタチが悪いです。
脅しを使って行動の改善を迫ってくる彼女って、男性側からすればとても「怖い」んですよね。
あくまでも「じゃあどうするか」は彼氏の自由意思に委ねるのが「愛されるやきもち」の条件です。

やきもちをかわいくできれば、彼氏に「かわいい」と思ってもらえるだけじゃなく、「彼女を悲しませないように、もっと誠実になろう」とも思ってもらえます。
ぜひ、この記事を参考に「やきもち上手」な女性を目指してください。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事