2021.07.20

知っておくと恋に役立つ♡【O型男子】のトリセツって?

O型といえば、やはりおおらかなイメージが強いと思います。
ただ、いざO型男子と付き合うとなると、接し方に困ることも多々出てくることでしょう。

他の血液型と比べ、自分を出せない傾向にあるタイプなので、扱いにくいのも無理はないかと。

今回は、そんな大雑把だけど接し方に困る、O型男子の取扱説明書を皆さんにお届けしたいと思います!
褒められると伸びる、この点に関しては素直と言えますね。
「すごいね!」たったこの一言だけでも、モチベーションはグンと上がるので、褒めちぎってあげると好感度アップも期待できます。

逆に、褒められないとやる気も出ないし、どちらかといえば甘さが目立ってしまうタイプでもあるので、ムチばかり与えないよう注意が必要ですね。
おおらかな印象が強いO型でも、自分の意見に対して否定されるのはイヤ。
皆さんも、肯定してほしいとは思わなくとも、自分の意見に対して否定まではしてほしくありませんよね。

O型男子もその傾向があるので、彼の意見に対して否定から入るのは避けておくのがベスト!

自分とは違った意見であっても、まずは受け止めることを意識しましょう。
O型男子というのは、自由奔放で縛りが苦手なタイプが多いんですね。
恋愛においては、自分の言動を制限する束縛を苦手とします。

不安に思う気持ちも、彼を思わず縛りたくなる気持ちも分かりますが、彼にとって負担となる束縛は、かえって逆効果。

重い彼女としてみられ、最悪気持ちが冷めてしまうことも可能性としては否めないです。
O型男子って、どっちかというとアクティブなタイプが多いんですね。
家でじっとするよりかは、外に出て体を動かす方を好む傾向にあります。

そんなアクティブな彼ですから、デートも家デートもたまにはいいけど、基本的には外に出てデートしていと思うもの。
新たな趣味をふたりで始めてみたり、行ったことのない場所へ足を運んでみるのもいいかもしれませんね。
悩みであったり、自分の意見を伝えるのはちょっと苦手。
何か頼まれても「No」とは言えず、「どうして断れなかったんだろう」と心の中で葛藤をするのはO型の典型的なタイプとも言えます。

かといって、無理に彼の意見を出させるのは負担をかけることになるので、素を見せてくれないからといって無理強いをするのは避けておくのが賢明ですね。


(ハウコレ編集部)

関連記事