2021.07.22

要注意!彼氏ができない女性がやりがちな《引きすぎ恋愛》って?

恋って、「押し引き」が大切といいますが、押しすぎても引きすぎても上手いこと進んではくれないんですよね。

特に、引き過ぎはかえって2人の距離を遠ざけるだけ。

今回は、そんな《引き過ぎ恋愛》の特徴についてご紹介していくので、最近彼氏ができない、恋がうまくいかないという方は要チェックです!
気になる相手とLINEすることってあると思いますが、ガツガツしてると思われたくないがために、必要最低限に連絡を抑えていたりしませんか?

確かに、時には連絡を遅らせてみるのもひとつの策ではありますが、必要事項以外連絡しないとなると話は別ですね。

たまに返信を遅らせて、基本的にはたわいもない話で返信ペースもやや相手よりも早めを意識してみるといいかも!
引き時も必要だからといって、毎回のように彼からのデートのお誘いを断るのもあまりよろしくはありませんね。

初めてのデートとなればなおさらですが、かといって毎回OKするのと軽い女性としてみられるリスクがあるので、3回中1回はあえて断るぐらいがちょうどいいかと!

せっかくのお誘いを毎回断ってしまうのももったいないですしね。
笑顔をあまり見せずに、そっけない態度をとるのも引き過ぎ行動のひとつ。

冷たさを感じさせるような態度で接されると、「自分じゃ無理なのかな」と勝手に冷められることもあるので、あまりいい策とは言えません。

温厚さを感じさせるよう、笑顔を基本的には意識して、たまに「なるほどね」と、やや冷たく接してみると効果も期待できそうです。
男の影を出せば、隙がある女性とはあまり見られないので、追われる女性になりすいのは事実。

ただ、男の影を出し過ぎてしまうと印象もあまりいいものにはならないので、まさに逆効果なんですよね。

TwitterやInstagram等で男性と一緒に遊んでいる投稿を出すこと自体は恋においてよき一手だと思いますが、「軽い女」としてみられぬよう、男の影を出し過ぎないよう注意しておくといいかも!
恋を制する際、引き時も大切ではありますが、引き過ぎてしまうと余計な距離を生ませるだけ。

「なぜか彼氏ができない」と悩んでいる方は、もしかすると引き過ぎているのが原因かもしれません。

時には押し時というのも必要なので、押しをベースとして引き時をたまに入れるスタイルでいけば、きっと恋を制する女性になれますよ!


(ハウコレ編集部)

関連記事