2021.07.21

好きなんて言ったっけ?信じちゃいけない【男性の甘い言葉】って?

気になる彼に甘い言葉をかけられたら誰だって嬉しくなりますよね。
両想いかも♡と思っていたら実は利用されていただけだった...なんてことも。
ここでは、男性の信じちゃいけない甘いセリフをご紹介します!
彼とデートして、深い付き合いをしたあとに「また連絡する」なんて言われたら間違いなく交際できるものだと思いますよね。
しかし、本命女性なら「また」連絡するなんて言わず、その場で次のデートを決めたり女性の喜びそうなデートプランを提案してくるものです。
関係が終わったらすぐに帰る支度をしてまた連絡する、のセリフだけ残している場合、都合のいい相手に思われている可能性がかなり高いです。
悲しいことに、自分の欲求を満たしたいとき男性は「会いたい」と連絡してきます。
本当に好きな女性になら男性の方から「会いに行ってもいい?」と聞くものです。
会いたいと言われたらテンション上がってしまいますが、実際に会うときはいつもあなたが彼の家に行っていませんか?
その場合、したいけど動くのは面倒と思っている男性の、都合のいい相手になってしまっています。
そうなったら男性が今後あなたを異性として見る可能性は少ないでしょう。
彼に体を重ねているときお前だけだよ...なんて言われていませんか?
体目当ての女性に対して、自分の欲求を満たすことしか考えてない男性は平気で気のあるようなセリフを言ってきます。
体が重なっているときに甘い言葉を言ってくるほど、その場のセリフだと思っていいでしょう。
思い当たることがあれば、すぐにでも彼とは関係を断ち切った方が良いでしょう。
深い関係になれそうと思った瞬間から、男性は甘いセリフをたくさん並べてきます。
体目的の男性は、どれだけ罠を掛けても響かない女性にいつまでも甘い言葉は言いません。
甘いセリフを言ってくるほどあなたを軽視している可能性があります。
その言葉に乗ってしまうと男性の思うツボになるため、注意してくださいね。

いかがでしたか。
その場で嬉しくなっても、男性の甘いセリフには気をつけましょうね!

(ハウコレ編集部)

関連記事