でんでん

2021.07.24

ありえない...!一緒にいたくないと感じる「デリカシーのない人」の特徴4選

デリカシーのない人が周りにいるという女性もいますよね。とんでも発言をしてくるなど、一緒にいると心が落ち着かないので縁を切ってしまいたいと感じることもあるでしょう。

自分では気付いていないけれど、周りからデリカシーが無いと思われている人もいます。
そこで、一緒にいたくないと感じるデリカシーのない人の特徴について紹介します。
デリカシーが無い人は空気が読めないことが多いです。なんで今その発言をしたの?と感じるような発言をして場を凍り付かせてしまうことがよくあります。

全く関係のない話を急にしだすなど、話の脈絡を読みません。ハゲの人を目の前にしてハゲをバカにするような発言をするなど、周りの状況を見れないということが多々あります。
デリカシーが無い人は自分のことが大好きな人が多いです。自分で自分のことを好きなため、周りも自分のことを好きだと勘違いしているのです。

周りも自分のことが好きだから何をしても許されると思っています。自分勝手な行動や発言は、自分だから大丈夫だと慢心しています。誰にも注意されたことがないので、何も疑問を抱かずデリカシーが無い行動を取っています。
デリカシーが無い人は自己中心的な人が多く、自分中心でしか物事を考えられません。
そのため、他の人を意見を取り入れるといった柔軟性がなく、偏った考え方をしています。

自分中心なので、機嫌が悪くなると人にあたってストレスを発散するなど、期限のコントロールができません。自分の考えが正しと信じているので、自分と違う考えイコール悪だと思っているのです。
デリカシーの無さを人に注意されたとしても反省しない人が多いです。他人からデリカシーが無いと言われたとしても、相手が悪いと感じます。悪いのは自分ではなく相手の考え方だと本気で思っています。

良かれと思って「直した方がいい」と言ったとしても全く響きません。逆になんで直さなければいけないのか詰め寄って来られるなど、不愉快な思いをすることもあります。
デリカシーが無い人に困っているという場合、距離を置きましょう。近くにいると気になりますが、遠くにいると何も見えません。嫌な思いをする相手とは物理的に離れてしまいましょう。


(ハウコレ編集部)

関連記事