スキンシップ

2021.07.24

ねえ続きは?!男の心を掴む焦らしスキンシップのコツ

スキンシップを大切にしていますか?

お互いを想いながらスキンシップを取ると、心も体も心地よくなります。

その心地よさが相手への信頼や安心感につながり、さらに絆が深まるのです。



今回は、スキンシップの中でも「焦らしスキンシップのコツ」についてまとめました。
好きな相手に見つめられるとドキドキしますよね?

「目は口ほどに物を言う」というように、しっかりと目から気持ちを伝えましょう。

見つめながら手をつなぎ、指を絡ませます。
しかし、それ以上のハグなどはしません。

嬉しそうに微笑むといいでしょう。
そして、少し物欲しそうに、また見つめます。

じれったいアピールをされた彼は、より彼女に近づきたくなること間違いありません。
彼とくすぐりあったり、ハグをしたり、じゃれ合ってみましょう。

そのときに、少し嫌がる素振りを見せて、少し間を置いてからお返しします。

嫌がる素振りを見せるときは、本気ではなく少し笑いながら嫌がってみましょう。
「これは本気じゃないよ」というのがなんとなく彼に伝わるようにします。

そうすると彼はもっとちょっかいをかけたくなるはずです。
「イヤだと言ってるけど、本当はやってほしいでしょ?」という感覚です。

そんな遊び心が2人でスキンシップを楽しむコツになるでしょう。
言葉で気持ちを伝えると、察することが苦手な彼にも分かりやすく伝わります。

「大好きだよ」
「ギュッてしてほしいなぁ」
とムードを高めます。

しかし、自分から行動に移さず、彼が「もっと」と感じて、彼から行動するように焦らしましょう。
彼女からスキンシップを取ってくれると彼はとても喜ぶはずです。

手をつないだり、ハグをしたり、キスをしたり。

しかし、唇にはキスをしません。
頬やおでこ、首などで終了です。

気持ちが盛り上がってきたのに、唇にはしてくれないなんて、少し寂しくなってしまいますよね。

焦らされた彼は我慢ができず、きっと自分からキスしてくるでしょう。



いかがでしたか?

男性の心をガッチリ掴んで、よりラブ度を上げていきましょう。

ぜひ参考にして楽しくスキンシップを取ってくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事