2021.07.25

テンション下がる!【映画デート】後に男性をがっかりさせる感想とは

デートの定番ともいえる映画ですが、自分好みの映画じゃないものを見ることもあるでしょう。男性の趣味に合わせて見る映画を選ぶということもありますよね。

お互いに興味のある映画で、見た後も話が盛り上がるようであればいいですが、想定外に面白くなかったということもあるでしょう。映画を見終えた後の感想によっては、二度とデートに誘われなくなってしまうこともあります。そこで、映画デート後に男性をがっかりさせる感想について紹介します。
内容がどんなにつまらなかったとしても、映画途中で寝てしまうのは遺書にいる相手に失礼です。そのため「寝ちゃっててよく覚えてない」なんて感想を言われると、男性はがっかりしてしまいます。

二度とデートに誘わないという気持ちになることもあるでしょう。途中がつまらなくても最後に面白くなる可能性もあります。特に、男性が一押ししているような映画である場合は、寝ないようにしましょう。
推理ものや知識がいる映画の場合、見ている途中で話についていけなくなることもありますよね。だからといって「よく分からなかった」なんて言われると合わないのかもしれないと感じます。

専門的な話が出てくると、細かいところまで理解するのは難しいでしょう。しかし、話のおおよその概要は分かります。映画全部を否定するような発言はやめましょう。
新人の俳優を使うなど、演技が上手くないと感じることもあるでしょう。だからといって「〇〇さんの演技が下手だった」というような演者批判は男性をがっかりさせます。

映画そのものを否定された気持ちになるのです。女性が下手だと思った演技が、映画に沿っていて味のある演技のこともあります。ストーリーについて話さずに、演者批判はやめた方が良いでしょう。
小説をもととした映画の場合、原作と多少変えた設定になることもあります。「原作と違った」など、博識ぶられると男性がっかりされます。

原作そのものを再現しようとしても、できないものがほとんどです。何もかもイメージ通り忠実に再現することは無理なのです。
映画を見終わった後にマイナスな発言をすると大抵がっかりされます。ポジティブな発言をするように心がけましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事